リプサリスの育て方

TOP >サボテン科>>管理

リプサリス

リプサリス
科名サボテン科
属名リプサリス属
学名Rhipsalis
水やり乾かし気味に
場所室内
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. リプサリスの育て方
  2. 水やりと肥料
  3. 植え付け・植えかえ・種蒔き
  4. 管理場所・日当たり
  5. その他
  6. 特徴・由来・伝承
  7. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

リプサリスの育て方

リプサリスの育て方

リプサリスの育て方
文章の修正育て方の概要
サボテンの仲間ですが、湿度の高い環境を好みます。インテリアとして人気ですが、サボテン系は意外と水やりの具合が難しい。
流通
春と秋
まとめ
●土が乾いてから数日経って水をやる。
●冬は水をやらない。
●乾燥する時期は霧吹きで葉っぱに水をやる。
●春と秋に肥料をやる。
●2年に一回は植え替えをする。
●年間を通して半日陰で管理する。直射日光に弱い。レースのカーテン越しで管理する。
スポンサーリンク

水やりと肥料

文章の修正水やりのコツ
水をやるときは、葉っぱに水をかけないように、土に注いでください。水は鉢底から水がしっかりと出てくるまでやってください。春と秋は土が乾いてから数日経って水をやってください。リプサリスは乾燥に強く多湿に弱いので、水やりが多いと根腐れします。受け皿の水は捨ててください。
夏の水やり
夏はあまりの高温で生育が止まります。春・秋よりもさらに水やりを控えめにして、葉水をやります。水やりは夕方か夜にやります。朝や昼に水をやると昼に水が沸騰します。
●水やりを控えめにするんですが、水やりの頻度を減らすだけで、一回の水やりの量は同じです。鉢底から水が出てくるまでしっかりと水をやってください。

冬の水やり
室内の最低気温が10度以下になったら水やりをストップします。ストップです。生育しておらず、水をやると根腐れします。
●5度以下で枯れる。水やりをしないことで、リプサリス内の水分が減り、濃度が高くなって寒さに強くなる。5度というのは水やりをしない時のギリギリの耐寒温度。
●一般家庭でも昼間に暖房をかけている部屋では夜中でもなかなか5度以下にならない。
●冬に葉っぱがシワシワになっているようなら葉っぱに霧吹きで葉水をして様子を見て、それでも足りないのであれば水をやる。

葉水
リプサリスは熱帯雨林の中で育つもので、空気中の湿度が低いのはダメです。そこで乾燥する時期・乾燥する環境では葉っぱに霧吹きで水をかけてやってください。
●リプサリスの自生の環境は湿度が70%。育てる場合も60%を目指す。加湿器で50%まで湿度をあげて、残りの10%を葉水でカバーする。

肥料
春と秋に、緩効性肥料を一ヶ月に一回か、液体肥料を二週間に一回やります。液体肥料の方が便利で、調節しやすいです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正植え替え・植え付け時期
春か秋。2年に一回植え替えをします。
用土
サボテン用の土か、自作する場合は赤玉土鹿沼土日向土2を混ぜたものを使います。
植え替え方法
古い土を三分の一ほど落として、適当に根を落としてから、新しい土で植え替えをします。植え替える鉢は前と同じ大きさの鉢か、ひとまわり大きな鉢に植え替えをします。極端に大きな鉢に植え替えると、水がなかなか蒸発しなくて根腐れするので、急に大きな鉢に植え替えないようにしてください。
植え替え直後は一週間は水をやりません。
挿し木
リプサリスの節から発根して簡単に増えます。2節か3節あるように枝を切って、切り口を二週間ほど日陰で乾燥させて、赤玉土単用の土に挿して水をやって発根させます。一ヶ月ほどで発根します。

管理場所・日当たり

文章の修正直射日光が苦手
室内の窓辺のレースのカーテン越しの日光に当てるようにしてください。基本的に室内で管理。最低気温が10度以上になったら戸外で管理してもいいです。春から夏・秋の木漏れ日の当たる場所であれば戸外でもいいです(室内でもいいけど)。春から秋に戸外で管理していたら最低気温が10度以下になる前に室内に取り込んでください。
●冷暖房の風は非常に乾燥しているので、冷暖房の風に当たるとシオシオのカリカリになって枯れてしまいます。
●春に戸外に出すときは、室内→戸外の日陰→戸外の半日陰と二週間ずつ慣らして移動させます。

寒さに弱い
室温が5度以下になると枯れます。冬でもできれば10度以上あるといいです。
風通し
リプサリスは風通しの良い環境じゃ無いと、病害虫が発生しやすいですし、土の水が適度に蒸発しないので、根腐れも起きやすくなります。

その他

文章の修正病害虫
ハダニカイガラムシが発生します。乾燥すると発生するので、葉水をすると予防できます。発生したら、ハダニは薬剤を散布、カイガラムシはまずはハブラシで削ぎ落とすようにします。

特徴・由来・伝承

文章の修正サボテンの仲間。種類は色々とあって姿形はかなり違う。リプサリスは「森林性サボテン」とも言われて、熱帯雨林の中で生育するサボテンで、直射日光が苦手で、乾燥した環境ではなくて、空気中の湿度の高い環境じゃ無いとダメ。
緑の部分は葉っぱではなく茎。葉状茎と呼ばれています。節から発根するので、挿し木で簡単に増えます。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

クジャクサボテン
サボテン科クジャクサボテン属
緋牡丹
サボテン科ギムノカリキウム属
ヒメウチワサボテン
サボテン科オプンチア属
月下美人
サボテン科クジャクサボテン属
サボテン
サボテン科
マミラリア
サボテン科マミラリア属
フィッシュボーン
サボテン科エピフィルム属
ミニサボテン
サボテン科
ドラゴンフルーツ
サボテン科ヒモサボテン属
シャコバサボテン
サボテン科
スポンサーリンク