ウスネオイデスの育て方

MENU
使い方 TOP

ウスネオイデス(スパニッシュモス・サルオガセモドキ)

ウスネオイデス
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名アナナス科
属名ティランジア属
学名Tillandsia usneoides
別名スパニッシュモス・サルオガセモドキ
みずやりたまにやる程度
場所室内
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
育て方の概要
常緑生多年草。エアープアンツの仲間。育て方はエアプランツと同じ。空気中の水分を吸収して育つ植物。土には植えない。銀色の葉っぱには小さな毛が生えていてこれを「トリコーム」と呼びます。開花し、子株が増えるので、それを増やせばガンガン増えるらしい。
大きさ・草丈・樹高
30cmから50cmほど垂れ下がる。
まとめ
●霧吹きで水をやる。水やりは夜にやる。春から秋は週に二回。
●個体差があり、育て方がはっきりしない。
●春から秋は一ヶ月に一回か二回、ソーキングをする。
●直射日光は苦手だが、日光は欲しい。戸外の明るい日陰か、室内のカーテン越しの日光に当てる。
●冬は基本的に室内。耐寒温度は5度。
●冷暖房の風に当てない。
●空気が乾燥しているのは苦手。冬場に注意。加湿器と霧吹きでなんとか乗り越える。
●逆に梅雨の過湿の状態も苦手。サーキュレーターで空気を循環させよう。
●育てるのは難しい。簡単に育つと思ったらショックを受ける。
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水やりのコツ
春から秋は一週間に2回、霧吹きで夜に水をやります。冬は週に一回。ウスネオイデスは昼間は蒸発を防ぐために気孔を閉じていて、夜に開いています。夜に水をやらないと吸収できません。水をやるときはしたたるくらいに、しっかりとやります。
●葉先が枯れてきたら水不足。葉っぱがカリカリになったら水不足。
●ウスネオイデスの中でも個体差があり、葉っぱが細いものは乾燥に弱い。太いのは乾燥に強い。「週に二回」と書いてありますが、あくまで目安。個体差が大きく、育て方に答えがないのがいまだに枯れやすい理由だと思います。
●水やりは非常に難しい。環境によって答えは違う。自分なりの頻度・タイミングを探るためによくよくウスネオイデスを観察しながら水をやるしかないです(失敗を覚悟して)。
●水をたくさんやるとトリコームがはげてしまう。

ソーキング
霧吹きだけでは、水不足になりミイラになります。そこで春から秋は一ヶ月に一回か二回ほどバケツに水を張ってそこにジャポンと浸けてやります。そのまま4時間です。4時間後に取り出して丁寧に水を切ります。水が残っていると腐ってしまいます。
エアープランツ系は水がなくても枯れないと思っている人が多いですが、思っているよりは水を欲しています。
●水は室温にしたものがよい。前の日に水を張っておいて、放置したものでやるといい。
参考かならずチェックしましょう→ソーキング

肥料
春と秋の生育時期に霧吹きに液体肥料を混ぜてかけてやるといいです。基本的には肥料はあまり必要としていませんので、元気がないならやる程度です。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
植え付け方法
植え付けるものではない。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
直射日光は苦手だが
年中、室内の風通しの良い日陰で管理する。春から秋は戸外でもいい。春と秋は窓辺のカーテン越しの日光に当てるとよく生育し開花しやすい。直射日光に当てると葉焼けするので注意する。西日なんてもってのほか。
●年中室内だと日光不足になる。春と秋は戸外の明るい日陰で管理する方がいいです。室内と戸外の明るい日陰なんて、日光に大差ない!と思いがちですが、やっぱり戸外の方が日光量が多いです。
●冬も窓辺に置いてカーテン越しの日光に当てる。


冷暖房の風に注意
ウスネオイデスは「適度な湿度」が好きで、あまり乾燥した状態は苦手。特に冷暖房の風はすぐにカリカリになって枯れてしまう。冷暖房の風は直接当たらなければいい。不足する湿度は加湿器50%+霧吹きで対応する。冬にカリカリになるので、注意すること。
●夏は湿度は十分。問題は冬の乾燥。冬は乾燥していて、かつ、寒くて日光不足になりやすい。

耐寒温度は5度
ウスネオイデスは寒さに強い方ではないです。まぁ、普通ですね。一般的な観葉と同じ。一般の家では昼間に暖房をかけているのならば、暖房を切っても夜中に5度以下になることはないです(よほど隙間だらけじゃなければ)。冬でも日光に当てた方がいいので窓辺のカーテン越しの日光に当てていると、窓辺は外気が近いので寒波がくると氷点下になり、寒さで枯れることがある。寒波がくるなら夜だけは室内の中央へと移動させる(窓から離すってことね)。
●霜に当たれば枯れるハズなんですが、北海道の戸外で越冬しているという話もある。うーん。寒さには強いのかもしれない。

梅雨の高湿度はきつい
梅雨は室内で管理しますが、雨に当てなくても高湿度で腐ってしまいがち。部屋の中でサーキュレーター(か扇風機)を回して循環させて、腐らせないようにします。ただし風を直接当てないように。

その他

この項目の修正・提案をする
病害虫
カイガラムシが発生することがある。
剪定
茶色くなったところは切る。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
ウスネオイデスは学名。スパニッシュモスは通名。サルオガセモドキは和名。中南米が原産地で、原産地では商品の緩衝材として入れているらしい。ほんまかいな。小さな緑色の花を咲かせ、甘い香りがする。個体差が大きいのも、育て方がハッキリしない(特に水やりの頻度が違う)理由。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

アナナス科の仲間


アナナス科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用