チグリジアの育て方

TOP > アヤメ科 > ……

チグリジア(タイガーリリー・トラフユリ)

nophoto
科名アヤメ科
属名トラユリ属
学名Tigridia pavonia
別名タイガーリリー・トラフユリ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿のお願い
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

文章の修正を申請する
育て方の概要
チグリジアはアヤメ科の多年草球根植物。花は一日花で1日でしぼんでしまいます。夕方にはしぼみます。花は非常に独特。あんまり流通していないので、欲しいならネットでどうぞ。冬の寒さには弱いので、秋になって寒さで葉っぱが枯れたら掘り上げて室内で保存するか、鉢植えのまま、室内で管理する。
大きさ・草丈・樹高
まとめ
●チグリジアはアヤメ科の多年草の球根植物。
●春から夏の水やりは普通。乾燥に比較的強く、過湿に弱いので水をやりすぎないように。冬は水をやらない。もしくは掘り上げる。
●春から夏は日当たりで。冬は室内で管理する。
●生育時期には肥料をやる。
●花は1日でしぼむ。
スポンサードリンク

水やりと肥料

文章の修正を申請する
水やり
鉢植えの土が乾いたら水をやります。水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやります。乾燥に強く、過湿に弱いので土が濡れている間は水やりをしないでください。根腐れを起こします。水をやったら、次には土が乾くまで水をやらない…メリハリのある水やりをしましょう。受け皿の水は捨ててください。
●チグリジアは球根植物で乾燥に強く過湿に弱い。水をやりすぎないようにする。

庭植えの場合は土と葉っぱの様子を見て水をやります。乾燥に強いので日照りじゃない限りは水をやらなくてもいいです。
冬の水やり
秋に寒さで地上部が枯れたら、休眠しています。休眠中は水を一切やらないでください。水をやると球根が腐ってしまいます。大体、最低気温が10度以下になったら水をやらない。10度以上になったら徐々に水やりを増やす。
肥料
球根から芽が出ている間は一週間か二週間に一回、液体肥料をやるか、一ヶ月に一回緩効性固形肥料をやります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正を申請する
植え替え時期
植え付け・植え替えをするのは4月5月なんですが、霜に当たると枯れるし、4月は寒の戻りがあるので、5月上旬に植え替えるのが無難。
掘り上げる
秋になり寒さで地上部が枯れて、休眠したら掘り出して、5度以上…できれば8度くらいの室内の風通しの良いところで管理します。掘り上げないで鉢に植えっぱなしで室内の5度から8度くらいの場所で管理してもいいです。
●鉢に植えっぱなしの場合は冬の間は水やりをストップします。水をやると腐って枯れます。

用土
乾燥に強く、過湿に弱いので水はけのよい土がよいです。一般的な培養土に1割ほど軽石か砂を混ぜるか、赤玉土7腐葉土3を混ぜたものか、赤玉土6腐葉土3川砂1を混ぜたものを使います。
植え付け・植え替え
鉢植えの場合は、鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。株同士は10cmほど離す。深さは2cmから5cmほど。地上部が大きくなって倒れやすいです。用土に砂(川砂や軽石)が多くて、グラグラするようであれば5cmから7cmほどの深さに植えるようにします。
●どうにもグラつくなら支柱を立てて固定します。


秋に掘り上げるのであれば庭植えも可能。もしくは冬に枯れるものと割り切るならば庭植えも可能。植え付けは鉢植えと同様で、株間は10cm。深さは2cmから5cmほど。深さ20cmほど庭土を掘り、苦土石灰を混ぜておきます。石灰を混ぜてから二週間後に庭土に腐葉土を2割ほど混ぜて、植え付けてください。

管理場所・日当たり

文章の修正を申請する
寒さに弱くてずっと庭植えはほぼ不可(暖地でも厳しい)。
春から秋は日当たりで
春から秋は日当たりで管理する。夏の直射日光には多分大丈夫だけど、は焼けするようであれば半日陰に移動させる。半日陰でも育つが、日当たりが悪いと株の生育が悪く、開花も鈍くなる。
冬の管理
寒さに弱く品種や環境にもよるが5度から8度あたりで枯れてしまうので、冬は室内で管理するようにする。冬は寒さで地上部がなくなるので、掘り上げて室内で管理していてもいいし、鉢に植えたままで室内に取り込んでもいい。

花ガラ摘み

文章の修正を申請する
剪定
花がしぼんだら摘む。放置していると種子を作り、種子をつくると次の花が咲きにくくなり株や弱りやすくなる。場合によっては花が腐って病気になることもある。チグリジアは一本の花茎に数個の花が咲くことが多いので、一つの花がしぼんでもそれを摘んで次が開花しやすくした方が良い。全ての花が咲ききってから花茎を根元から切るようにする。種子を採取するのであれば、熟すまで放置しておく。

特徴・由来・伝承

文章の修正を申請する
チグリジアの一種のパヴォニアの園芸品種が日本では流通していて、日本ではチグリジア=パヴォニアと考えてもいいくらい。
管理用リンク
管理用