サンゴールド…ウドンコ病に注意!オレンジ八重咲きのヒマワリ

TOP >キク科>ヒマワリ>>管理

サンゴールド

サンゴールド
科名キク科
属名ヒマワリ属
学名Helianthus annuus sunrgold
水やり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. サンゴールドの育て方
  2. 水やりと肥料
  3. 植え付け
  4. 管理場所・日当たり
  5. その他
  6. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

サンゴールドの育て方

文章の修正育て方の概要
サンゴールドは細い花弁の八重咲き品種でしかもスプレー咲きで長期間、花を楽しめる。北アメリカ原産。花壇にも適しているし、切り花でも綺麗。よいところだらけだが、ウドンコ病にかかりやすい。
大きさ・草丈・樹高
1.7m
まとめ
●育て方の詳細はヒマワリを参考にする。
●育てる環境(株間・日光・肥料)によって大きさはかなり違う。
●開花まで二ヶ月。
●移植は不可。
●日光が大事。日当たりが悪いと大きくならない。
●肥料は必須。
●支柱はあったほうがいい。

スポンサーリンク

水やりと肥料

文章の修正水やり
庭植えの場合も水やりはする。葉っぱがしおれないように水をやり、それでも不足するようならば株元にマルチングをして乾燥を防ぐ。
●サンゴールドはウドンコ病が発生しやすい。乾燥すると発生しやすいので葉っぱに水をかけるようにすれば多少は予防できる。花に水をかけると花がしぼむので、葉っぱだけに。

肥料
生育期間は緩効性肥料を月に一回やるとよいが、無くても生育は良いし、枯れるわけじゃないし、開花もする。が、サンゴールドは複数の花が開花するので肥料がすくないとその良さがなくなるから、肥料はやりましょう。

植え付け

文章の修正植え替え時期
5月から7月に苗を植える。2ヶ月ほどで開花する。
用土
一般的な花と野菜の培養土で植えるか自作する場合は赤玉土小粒6腐葉土4を混ぜたものを使う。庭土に3割か4割ほど腐葉土か堆肥を混ぜて土を作る。
●植え付けの時は肥料を控えめにして、生育に合わせて肥料を使いしていくほうがいい。

庭植え
庭植えの場合は、30cmほど掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。株と株は30cmほど空ける。密生させる(30cm以下)と株が小さくなり切り花向きの「一本の長いもの」になります。
●株元に日光があたるようにすると根がよく張り、倒れにくくなる。

鉢植え・プランター植え
鉢植えなら直径30cmの尺鉢に株を一つ。鉢底の穴に網を敷いて、その上に軽石を2センチから3センチ敷き、その上に用土を入れて、苗を植えるか、種子を撒く。種子の上には1センチほど土をかぶせる。水やりが大変なので庭植え推奨。
参考種まきなど詳細な情報は「ヒマワリ」のページを参考にしてください。

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりで育てる
日光を好み、日光にあたるほどによく生育する。出来れば一日中日光が当たると大きく育つ。できれば密生させないほうが、病気も予防できる。風通しの良いところにする。
サンゴールドはウドンコ病にかかりやすい。ウドンコ病は乾燥していて風通しが悪いと発生しやすいので、株間をとって、乾燥しないように葉っぱにも水をやるようにすることで多少は予防できる。

その他

文章の修正摘芯しないでもスプレーするので、そのまま育てる。
その他の病害虫や管理方法の詳細、雑記などは「ヒマワリ」のページを参考にしてください。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

ミニヒマワリ
キク科
ヒマワリの種まきの手順や注意点まとめ
ヒマワリの管理
スマイルラッシュ
キク科ヒマワリ属
ヒマワリ
キク科
ヒマワリの品種・系統のまとめ
ヒマワリの管理
小夏
キク科ヒマワリ属
大雪山
キク科ヒマワリ属
ヒマワリの病気・害虫・害獣のまとめ
ヒマワリの管理
タイタン
キク科ヒマワリ属
ヒマワリを庭(畑)に植える手順と支柱
ヒマワリの管理
バレンタイン
キク科ヒマワリ属
ビッグスマイル
キク科ヒマワリ属
サンリッチオレンジ
キク科ヒマワリ属
テディベア
キク科ヒマワリ属
ロシア
キク科ヒマワリ属
ビンセントネーブル
キク科ヒマワリ属
グッドスマイル
キク科ヒマワリ属
サンリッチライチ
キク科ヒマワリ属
コング
キク科ヒマワリ属
アメリカンジャイアント
キク科ヒマワリ属
スポンサーリンク