スタンダード仕立

MENU
使い方 TOP
園芸用語>スタンダード仕立

スタンダード仕立て

スタンダード仕立て
この項目の修正・提案をする
まとめ
●幹を伸ばして、上部に葉を茂らせる仕立て方。
●スタンダードは標準という意味。
バラ観葉植物コニファーでよく見られる。
●株元がスカスカで蒸発しやすく、若干、水切れしやすい。
スポンサードリンク

スタンダード仕立ての特徴

この項目の修正・提案をする
スタンダード仕立てはパキラベンジャミン・バラ・ハイビスカスデュランタ・コニファー類などで見られる樹形のこと。株元から幹を伸ばして、コンモリと茂らせる仕立て方。よく見られる仕立て方で特にバラではメジャー。
●略して「ST」「STD」と表記される。
●バラのスタンダード仕立ては一般的にノバラ(ノイバラ)で台木をつくり、目的のバラを接木する。非常に手間がかかるものなので一般家庭では作らないが、だからこそ挑戦するのがガーデナーだったりする。
●スタンダード(標準)と言いながら、どう考えても標準じゃない。
●バラなどが枝分かれして開花するのを「スプレー咲き」と言うのに対して一輪咲を「スタンダード咲き」と言います。スタンダード仕立てはここからきているんじゃないかと。

メリット・デメリット

この項目の修正・提案をする
メリット…目の高さで繁茂・開花させる
花・葉が目の高さか、近い位置になるのがメリット。下枝・葉を落として、栄養を上部に集中させているので、花・葉が集中する。
メリット…病気予防
雨が降ると泥が跳ねる。その泥が葉っぱについて、泥の中の常在菌で病気になる。スタンダード仕立てにするとコレを予防できる。これは株元にバークを敷いて泥跳ねを防げば予防できる。
メリット…日当たり
樹高が低いと日光が当たらない場合は、スタンダード仕立てにすることで日当たりを確保できる。
メリット…単純にかっこいい!
かっこいいと思うかどうかはあなた次第。
メリット…作業がしやすい
剪定や株元への作業がしやすい。

デメリット…水切れしやすい
株元がスカスカなので、他の鉢より蒸発しやすく水切れしやすい。かといって水やりを多くして根腐れさせないようにしましょう。
デメリット…仕立てられない
自分で仕立てるのは難しい。仕立てられたものを買いましょう。
スポンサードリンク

不具合報告・質問

この場所には質問フォームがあったのですが、管理人の都合で質問・疑問に対処できないので現在は休止中。ほんとすいません。

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用