トラデスカンチアの育て方

TOP >ツユクサ科>>管理

トラデスカンチア(シマムラサキツユクサ・ゼブリナ)

トラデスカンチア
科名ツユクサ科
属名トラデスカンチア属
学名Tradescantia Zebrina
別名シマムラサキツユクサ・ゼブリナ
水やり水控え目
場所冬は室内 夏は外
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. トラデスカンチアの育て方
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植えかえ
  5. 管理場所・日当たり
  6. 斑入り品種の注意点
  7. 病害虫
  8. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

トラデスカンチアの育て方

トラデスカンチアの育て方
文章の修正トラデスカンチアはツユクサ科ムラサキツユクサ属(トラデスカンチア属)の北アメリカ原産の常緑多年草観葉植物。以前が「ゼブリナ属(Zebrina pendula)」だったため、ゼブリナと呼ばれることがあります。美しい斑の入った葉を観賞する観葉植物です。匍匐して広がり、寒さにある程度の抵抗があるので暖地ではグランドカバーに使われることもありますが、背が低く、寄せ植えにしたり、ハンギングにして垂れ下がらせる仕立て方が多いです。

トラデスカンチア――略してトラカン。
スポンサーリンク

水やり

文章の修正乾燥気味がコツ
土が乾いていたら水をしっかりとやります。水を頻繁にやりすぎて土中の水分が多い状態が長く続くと、徒長(ひょろ長くなること)してしまうので、年間を通じて土はやや乾燥気味に管理するのが理想です。

冬は水やりを控えます。土が乾いてから4日〜5日経ってから水をやるようにします。乾燥気味に管理することで耐寒性が強くなり、越冬しやすくなります。

葉水

文章の修正葉水という手段も
トラデスカンチアは熱帯の植物なので空気中の湿度の高い状態を好むのですが、上記のように水やりが多いと茎がヒョロ長く生育して不恰好になります。
そこで、葉っぱに霧吹きなどで水を吹きかけること(=葉水)で、湿度を高く保ちながら、土を乾燥気味に管理します。特に冬に葉水を行います。

肥料

文章の修正生育期間(5月〜11月)に液体肥料を1カ月に二回か三回ほどやります。もしくは二ヶ月に一回、緩効性化成肥料をやります。真夏は暑すぎて弱るので肥料はやらないでください。

植えかえ

時期と頻度

文章の修正トラデスカンチアは根の張りが早く、根詰まりを起こしやすいです。植え替えは二年に一回します。根詰まりを起こすと水切れしやすくなります。植え替えは生育時期の4月〜9月に行います。

用土

文章の修正観葉植物用の土で植え付けます。もしくは一般的な培養土に、川砂か軽石小粒を入れて水はけをよくしてから使います。自作する場合は赤玉土6腐葉土3軽石か川砂1を配合して用土とします。
●室内に取り込むなら、観葉植物の土が腐葉土が少なくて匂いがなくてよいです。自作する場合は、腐葉土をピートモスココピートに替えるといいです。

観葉植物の土の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

植え替えの手順

文章の修正植え替えをするときは古い鉢から株を取り出して半分ほど土を落としてから、新しい土を追加して植え替えをします。最後にしっかりと水をやります。ひとまわり大きな鉢に植え替えるか、同じ大きさの鉢でもいいです。このとき適当にハサミで切って株分けも出来ます。
●植え替えて一週間は日陰で管理しましょう。
●植え替えの際と植え替え直後には肥料をやらない。

株の更新

文章の修正トラデスカンチアを育てていると徐々に下葉が黄色くなって落ちていきます。するとやたらと長く茂っているのに、根元は葉っぱが無くてスカスカという状態の「てっぺんハゲ」になります。つり鉢で株元が見えないなら問題ないですが、床置きしているなら不恰好です。そこで株の更新をします。

株の更新はようは挿し木です。4節ほど残して切って、土に埋める部分の葉っぱは取って培養土に挿します。百発百中とはいきませんので、何個かして、元気のいいのを採用します。
挿木
園芸用語繁殖技術・コツと知識

管理場所・日当たり

文章の修正日光を好みますので、日当たりのいい場所で管理します。ただし真夏の直射日光には弱いので、真夏は明るい日陰に移動させてください。トラデスカンチアは日光が当たった方が斑も鮮やかになりますし、日陰だとヒョロヒョロと伸びるので、日当たりに越したことはありませんが、明るい日陰程度の場所でも枯れることはありません。ただ日陰だと徒長しますので、年間を通して半日陰(=木漏れ日の場所)がよいです。

乾燥気味に管理することで耐寒性が強くなり、3度以上で越冬可能なので、霜が降りない地域では戸外で越冬可能です。

斑入り品種の注意点

文章の修正トラデスカンチアで良く流通しているのが斑入り品種で。葉っぱに模様が入っているものです。この斑入り部分には葉緑素がありません。育てていると、斑入り品種なのに、普通の緑の葉っぱが生えてきます。先祖がえりというべきでしょうか。この緑の葉っぱの方が繁殖力があって、そのままにしていると緑の葉っぱだらけになってしまいます。緑の葉っぱが出てきたらすぐに摘んでしまいます。

病害虫

文章の修正灰色かび病
湿度が高く、低温の時期に発生しやすいカビです。風通しが悪いと発生しやすいので置き場所を見直し、病変箇所を取り除きます。
灰色カビ病
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ

カイガラムシ
成虫は動かない虫で、蝋に包まれているため薬剤が効きにくい。発生したら歯ブラシやティッシュなどで削ぎ落としてしまえばいいです。
カイガラムシ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ

ハダニ
乾燥すると発生しやすいので、葉水をすることで予防できます。ハダニは葉っぱの裏に潜んで汁を吸うので、葉水をするときは葉っぱの裏にも水をかけてあげるようにします。大量に発生したら、薬剤を散布します。
ハダニ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

トラデスカンチア・シラモンタナ
ツユクサ科トラデスカンチア属
ブライダルベール
ツユクサ科ギバシス属
カリシア
ツユクサ科カリシア属
ムラサキオモト
ツユクサ科
カリシアレペンス
ツユクサ科カリシア属
スポンサーリンク