ベビーサンローズの育て方

TOP >ツルナ科>>管理

ベビーサンローズ(ハナツルソウ・アプテニア・ハナツルクサ)

ベビーサンローズ
科名ツルナ科
属名アブテニア属
学名Aptenia
別名ハナツルソウ・アプテニア・ハナツルクサ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. ベビーサンローズの育て方
  2. 水やりと肥料
  3. 植え付け・植えかえ・種蒔き
  4. 管理場所・日当たり
  5. 特徴・由来・伝承
  6. SNSボタン・関連記事

ベビーサンローズの育て方

ベビーサンローズの育て方
文章の修正地を這うタイプで頑健。石と石の隙間のような場所でも根を生やし、生育期には他の植物のテリトリーまで侵食することもあります。デザインの都合がある場合は早めに切り戻してしまいましょう。

マツバギクの近種で葉っぱの感じも似ています。育て方も似ています。花を楽しむというよりは観葉植物として流通していることが多く、花も咲き乱れるというよりは、葉っぱの間にポンポンと点在する感じです。
スポンサーリンク

水やりと肥料

文章の修正乾燥に強いのですが、水のやり過ぎに弱く、頻繁に水をやると腐って枯れてしまいます。土が乾いたらたっぷりとやり、濡れている間は水をやるのは控えましょう。

痩せ地を好むので、肥料を与えすぎると、花が咲きにくくなったり、葉っぱが茂るばかりになります。

生育期には液体肥料を月に1回あげれば充分です。やらないからといって枯れることもありません。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正市販されている花と野菜の土で植えるか、赤玉土7腐葉土3を混ぜた土で植え付けをします。

地を這うタイプで、グランドカバーとしても寄せ植えの前景としても、ハンギングにも使えます。

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりを好みますので、日当たりで管理します。頑健で暑さには全く問題はありません。冬も霜を避ければ南関東でも越冬します。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
文章の修正丈夫で、手間を掛けない方がノビノビと育つので、植えたあとは気にかけずホッタラカシがいいかもしれません。

葉っぱに斑の入っている品種は葉っぱを見るだけでも可愛いです。葉っぱを楽しむ観葉植物として流通してきました。花にはあまり期待しない方がいいです。ただとにかく頑健。水をやりすぎて腐らせることがあるくらいでしょうか。

葉っぱは多肉系のプクプクしたもの。株は匍匐(ホフク)して地面を覆って広がります。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

マツバギク
ツルナ科マツバギク属
デロスペルマ
ツルナ科デロスペルマ属

1月に開花する植物

ジャコビニア
キツネノマゴ科ジャスティシア属
冬咲きカトレア
ラン科カトレヤ属
アネモネ
キンポウゲ科イチリンソウ属
洋ラン
ラン科
不死鳥
ベンケイソウ科カランコエ属

1月に植え付け・植え替えする植物

マルベリー
クワ科クワ属
ジェントルハーマイオニー
バラ科バラ属
クラブアップル
バラ科リンゴ属
キョウカノコ
バラ科シモツケソウ属
マルバノキ
マンサク科マルバノキ属

人気記事

冬咲きオキザリス
カタバミ科
ビオラ
スミレ科
ゴールドクレスト・ウィルマ
ヒノキ科
12月のシクラメンの管理・手入れ
シクラメンの管理
千日小坊・千紅花火
ヒユ科
ペンタスの冬越しの方法のまとめ
雑記
ピレアグラウカ
イラクサ科
ビオラ・パンジーの夏越しのコツ
ビオラ・パンジーの管理
スポンサーリンク