イソギクの育て方

MENU
TOP>キク科>イソギク
スポンサードリンク

イソギク(磯菊)

イソギク
科名キク科
属名キク属
学名Chrysanthemum pacificum
別名磯菊
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

海岸の乾燥した地域に適応していて、乾燥に強く、キク科の植物にしては成長が遅いです。葉っぱの裏に小さな白い毛が生えていて、葉っぱを上から見ると、その裏の毛が表まで回っているために、葉っぱに白い縁取りがあるように見えます。

縁取りの葉っぱに、晩秋まで咲く黄色い小さな花、管理が楽、頑健、とくれば初心者向きです。

水やりと肥料


鉢植えの場合、土が乾いていたら水をやります。イソギクは乾燥した状態を好み、土が長く濡れた状態だと、根が腐って枯れてしまいます。

肥料は生育期に液肥を月に一回やるか、4月と12月に根本に置き肥します。

植え付け・植えかえ・種蒔き

赤玉土4川砂3腐葉土3を混ぜたものか、赤玉土7腐葉土3を混ぜたものを使います。庭植えする場合は、水はけをよくするために、川砂を混ぜておきます。

挿し芽で簡単に増えます。挿し芽をするのは春。赤玉土の単用土に挿しておきます。根が出たら植え替えをします。

管理場所・日当たり

日当たりのいい、水はけのよい場所が適しています。海岸の崖などの非常に厳しい場所で生育する植物ですから、夏の暑さにも乾燥にも強く、寒さにも強いのですが、反対に、日当たりが悪かったり、水はけが悪いと枯れてしまいます。

庭植えすると、地下茎で横へと広がり、大きく育ちます。といっても生育するスピードが速くないので、対応は可能です。あまり大きくならないように、抜いたり、摘芯などする必要があります。

冬も防寒の必要はありません。常緑で越冬します。

特徴・由来・伝承

多年草。花には俗に言う花びらがありません。よくマーガレットで花占いをしますが、あれで花びらを全部むしった後のような状態です。見た感じがアゲラタムに似ています。

崖に生えるときはコンモリとした株になり、平地の土に植えると地下茎で増え、カーペット状に広がります。

自生地は伊豆諸島海岸。そこから「磯菊」と呼ばれます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用