オレアリアの育て方

MENU
TOP>キク科>オレアリア
スポンサードリンク

オレアリア

オレアリア
科名キク科
属名オレアリア属
学名Olearia
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

シルバーリーフが特徴で、クリスマス・冬の寄せ植えにも向いている新しいガーデニング材です。

暑さに弱いので夏越しがポイント
梅雨前に三分の一ほど切り戻して、風通しをよくします。また夏の水やりも工夫しましょう。水やりは朝か夕方にして昼は避けます。昼は気温があがって蒸れやすいからです。水は土に注ぐようにします。葉っぱに水が掛かると蒸れて腐りやすいからです。

春と秋に花が咲く
黄色い花が咲きます。さほどキレイではありません。

水やりと肥料

乾燥に強く、過湿に弱い性質です。土が乾いて居たら水をしっかりとやってください。水をやりすぎると、根が腐ってしまいます。春と秋は大体二日に一回か毎日。

梅雨前に過湿を防ぐ為に三分の一ほど切り戻しをします。
夏も土の状態を見て1日二回朝と夕方に水をやります。

冬は水の蒸発が鈍くなりますので、水を控えます。土の状態を見ながら、三日に一回程度水をやってください。年間を通して、土が濡れていたら水を控えて下さい。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい土で
市販されている花と野菜の土に植えてください。もしくは赤玉土腐葉土3川砂1を混ぜたもので植え付けをします。

夏の管理を思うと鉢植えですが
夏に枯れるものと割り切れば、庭植えでも構いません。最初から半日陰の涼しいところで管理すれば、地域によりますが夏越しも可能です。

管理場所・日当たり

日光を好むのですが高温多湿に弱い
日当たりで育てて下さい。ただし夏の暑さが苦手で、夏越しがポイントになります。夏は風通しの良い半日陰に移動できるのであれば移動してください。

寒さには強い
冬の寒さには強くマイナス10度まで耐えられます。

特徴・由来・伝承

キク科の常緑低木。オーストラリア原産。

独特のシルバーリーフで冬の庭を飾ります。冬にあった容姿ですね。花も咲きますが、鑑賞価値のあるものではないです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用