ラミウムの育て方

TOP >シソ科>>管理

ラミウム(ラミューム)

ラミウム
科名シソ科
属名オドリコソウ属
学名Lamium
別名ラミューム
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

ラミウムの育て方

ラミウムの育て方
文章の修正横へとランナーを伸ばして、先が少し上へ立ち上がります。釣り鉢に植えるのにも向いています。少し湿潤な――ジメジメした環境を好み、水が切れて乾燥すると葉っぱが茶色く変色してカリカリになります。

半日陰が適していますが、夏でなければ日当たりでも生育しますので、寄せ植えにもよく利用されます。

半日陰を好むことからシェードガーデングランドカバーによく利用されます。
スポンサーリンク

水やりと肥料

文章の修正春から秋に掛けては、水をしっかりとやります。土が乾燥してから水をやっては遅いですので、乾ききる前に水をやってください。水をやるときは鉢のそこから水が出るくらいにシッカリとやって下さい。土が絶えず湿っているくらいの状態を保ちます。

長雨に腐る
葉っぱがよく茂るために梅雨の時期には蒸れて腐ることがあります。鉢植えであれば雨の当たらない場所へ移動させます。移動できないならば、梅雨前に枯れた葉っぱをむしったり、葉っぱを間引いて風通しをよくします。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正植え替え・植え付けは市販されている花と野菜の土(培養土)で植え付けをします。

挿し木でも株分けでも
茎から根を伸ばして横へと伸びていくので、適当に切って土に挿すだけで、株を増やすのは簡単です。

管理場所・日当たり

文章の修正半日陰か日陰
半日陰の環境が向いています。春や秋のまだ柔らかな日差しならば日当たりでもいいのですが、ちょっと直射日光が強くなると葉っぱが葉やけしてしまいます。少々の日陰くらいなら耐えます。

日当たりでよく育つと花も
日光がよくあたっていると花が咲きますが、花がメインの植物ではないので、無理に日当たりで管理する必要はないです。

暑さに弱いので、日当たりに植えつけた場合は、夏にはヨシズなどで遮光してあげます。

耐寒性があり
耐寒性があり戸外で越冬可能ですが、あまりに寒いと落葉して茎だけになります。春になれば芽を吹きます。

特徴・由来・伝承

文章の修正シソ科の植物で、横へとランナーを伸ばして広がるグランドカバーに利用されます。花が咲きます。花もキレイですが花が咲くと株が弱くなるのか葉っぱに艶がなくなるなどします。葉っぱを鑑賞するのであれば花は摘んでしまったほうがいいでしょう。

葉っぱに色合いが多種あって、鮮やかな黄緑や濃い緑、そこに斑入りの品種があり、多種です。
スポンサードリンク

関連記事

ラベンダー
[概要] ラベンダーは寒さには耐性があり、0度まで耐えられます。0度以上あれば越冬が可能です。反対に高温多湿に弱いために夏越えが大事になります。ここで書かれているものはおおまかな性質です。なので各種類…
ローズマリー
[栽培の概要] ローズマリーはシソ科のハーブ。環境が合えば夏越し・越冬も可能で比較的育てやすい、宿根草のハーブ。手間が掛らないのですが、夏の過湿で枯れたり、冬の霜に何度か当たって枯れたりすることもあり…
イングリッシュラベンダー
育て方はラベンダーを参考にしてください。イングリッシュラベンダーはレースラベンダーよりも冬の寒さに強く、北海道でも栽培が可能です。ほかのラベンダー同様に高温多湿に弱く、特に梅雨の長雨には弱いので、梅…
ミント
ミントはシソ科の宿根草。一度植えると、冬に霜に当たっても根は残り、春になると新芽を芽吹いてくる宿根草、冬越しするハーブです。香がよく、葉っぱも鮮やかな緑なのでとてもキレイです。 半日陰・日当たりでも…
コリウス
[概要] コリウスはシソ科の一年草。本来は多年草ですが日本の冬に枯れるために一年草扱い。冬も暖かい場所に置いておけば翌年も茂ってくれます。霜に当たったら一発でダメになります。真夏の直射日光に当たると葉…
バジル
[概要] バジルはシソ科の一年草。育てるのは簡単ですが、シソやミントよりは多少は難しい。普通は苗を植えますが種まきも出来ます。種まきは4月~6月です。種子はホームセンターなどで簡単に手に入り、発芽率も…
アップルミント
ハーブとしても頑健な部類に入り、土を選ばず、寒さにも強く寒冷地で土が凍らないような土地であれば戸外で越冬可能。都市部のベランダでも栽培ができます。 冬は地上部が枯れても春に新芽が出てきます。 [繁殖…
ラベンダーセージ
ラベンダーセージはシソ科の宿根草。サルビア・ロンギスピカータとサルビア・ファリナセア(=ブルーサルビア)の交雑種とされます。 [花期が長い?] 非常に長い間、花が咲きます。シソ科の植物らしい、長い穂状…
クリーピングタイム
横へと広がる力がすごいです。夏は暑さで弱ります。また冬は寒さで地上部が枯死しますが耐寒温度はマイナス10度とかなり強く根までは死んでません。春にはまた新芽を吹きます。こぼれダネで増えるという噂もあり…
フレンチラベンダー
フレンチラベンダー(ストエカス)は比較的耐暑性と耐寒性があり、育てやすいラベンダーです。 収穫は6月の梅雨入り前に行います。これは梅雨で蒸れて枯れてしまうのを防ぐために、刈り込んで風通しをよくする目…

人気記事

ポポラス
ポポラスはオーストラリア出身の乾燥に強いユーカリの仲間。非常に生育が旺盛で、鉢植えには向かない。庭植えにしても、非常によく伸びるので、こまめに剪定しないと、邪魔になる。フラワーアレンジメントをやって…
ウィンターコスモス
[+[まとめ] ●頑健な植物。 ●比較的乾燥を好む。 ●9月10月に根元から20センチほどのところで切り戻すと小さくまとまる。 ●寒さに強く、暑さに弱い。夏には消えるもの。 ●耐寒性・耐暑性は品種によってかなり…
センニチコウ
春に植えて夏から秋にかけて、花を楽しみ、冬には枯れてしまう一年草です。育てるのは簡単です。[[初心者向きでコレといって気にすることも無く水さえしっかりとやっていれば大丈夫です。]]種まきは5月ですが、苗…
駆除が難しい雑草の一覧
[概要] 雑草という草は無い――なんていう話は、自己啓発本にまかせます。ここはガーデニングのサイトですから。雑草という草は実在し、私たちの庭管理を困難にしてしまったり、やる気を削いでくれます。ここでは[[…
剪定
剪定は樹木の枝を切ることで全体を整えたり、風通しをよくしたり、成長を促したりと樹木の健康には必要なものです。その樹木や季節によって意味合いは異なります。 [人と自然との付き合い] よく「自然にあって…