シンフォリカルポスの育て方

TOP >スイカズラ科>シンフォリカルポス【管理

シンフォリカルポス(雪晃木・スノーベリー)の育て方

シンフォリカルポス
科名スイカズラ科
属名シンフォリカルポス属
学名Symphoricarpos albus
別名雪晃木・スノーベリー
耐寒マイナス15度〜マイナス20度
水やり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
剪定
スポンサーリンク

シンフォリカルポスの特徴は?

シンフォリカルポスの特徴は?
シンフォリカルポスは北アメリカに自生するスイカズラ科シンフォリカルポス属(セッコウボク属)の落葉低木。花が初夏(7月)から秋(9月)に開花し、その後、白やピンクの実が9月から12月まで楽しめます。

寒さに強く、乾燥に弱い。高温に若干弱いですが、庭植えでも葉が痛む程度で夏越しできないほどではないです。冬になると落葉するのですが、落葉後もこの丸い果実が残ります。
樹高2m
花言葉いつまでも献身的に
シンフォリカルポス苗
シンフォリカルポス苗の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
スポンサーリンク

水やり

庭植えの水やり

水やり
涼しくて湿潤な環境を好みます。乾燥に弱く、乾燥するとすぐに葉っぱがシワシワになってしまいますので、水が切れないようにしてください。庭植えにしていても、春〜秋は水やりをし、夏は株元に蒸発を防ぐためにワラでマルチングをしてください。

鉢植えの水やり

春〜秋は水が切れると葉っぱがカリカリになります。でも長期間土が濡れている状態が続くのも根腐れの原因になります。鉢植えの場合は土が乾いたら水をしっかりとやります。受け皿の水は捨ててください。

夏は朝と夕方の水やりをしっかりとします。それでも水切れするので、梅雨が明けたらすぐに半日陰に移動させるといいです。

冬は水やりを控えめにし、土が乾いてから2日か3日たってから水やりをする程度にします。

肥料

これから出る新芽のために春(3月〜4月)に緩効性肥料(化成肥料)を根本にやります。実が付いた後、そのお礼肥として秋(10月)に緩効性肥料をやってください。お礼肥は補助的なもので、メインは春の肥料です。

植え付け・植えかえ

時期・頻度

植え付けは落葉時期の新芽が出る直前にあたる2月〜3月にします。鉢植えの植え替えも同時期に行います。鉢植えは2年に一回植え替えをします。

用土

弱酸性〜中性〜弱アルカリの範囲の水もち・水捌けのよい土…まぁ、普通の土で植えます。範囲内であれば中和する必要もないです。鉢植えするときは市販の培養で植え付けてください。庭植えする場合は、腐葉土を混ぜます。極端に水はけが悪い粘土質ならば川砂を混ぜてから植え付けてください。

庭植え

深さ30cmの穴を掘り、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、化成肥料を少量入れて、よく混ぜて用土とします。 穴に半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。

鉢植え

鉢植えの底の穴を鉢底ネット(鉢底網)で塞いで、その上に鉢底石(軽石)を2cm〜3cm入れて、その上に用土を入れて、株を入れて、隙間に用土を入れて、最後に水をしっかりとやります。

越冬したら春に、土を3分の1ほど落とし、根の負担を減らすために、地上部を半分まで刈り込んで同じ大きさの鉢か、ひと回り大きな鉢に植え替えましょう。

増やし方

種子を撒いていると芽が出て来ますが、発芽率が悪いので挿木の方がよく増えます。挿木は4月〜6月の枝を10cm〜15cmに切って下葉をとって、赤玉土や挿木用土に刺して、明るい日陰で乾燥しないように管理していると発根します。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
日当たりの良い場所を好みますが、半日陰でも育ちますし、夏の暑さと乾燥が苦手なので、庭植えにするなら半日陰の場所に植えましょう。鉢植えは季節ごとに移動させます。

夏越し

シンフォリカルポスは耐暑性があるのですが、乾燥に弱く、気温が高くなると蒸発が激しくなり、庭植えにしていても水切れが起きます。鉢植えの場合は夏は半日陰に移動するか、根本に腐葉土を敷く(マルチング)かグランドカバーの植物を植えて蒸発を防ぎます。

越冬

耐寒温度はかなり強く、マイナス15度〜マイナス20度で、北海道や高冷地でも越冬します。冬は落葉しますが、寒さには強いです。防寒は芙蓉です。

剪定

落葉している3月前後に剪定します。放置していても樹高1.5m〜2m程度なので、剪定しなくてもさほど問題ないですが、小さくまとめたいなら、適当な高さに切り詰めましょう。

病気・害虫

病気・害虫はほとんど見られない。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
北アメリカ原産の花木。丸いみずみずしそうな実が魅力。ピンクに染まったものもかわいらしくフラワーアレンジメントに使われます。特にブライダルブーケ・ブライダルアレンジにはその柔らかで澄んだ色合いがピッタリ。切花の場合、葉っぱがすぐにしおれるのがちょっと。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

シンフォリカルポスと同じ科の植物

スイカズラ科
オトコヨウゾメ
オトコヨウゾメ
スイカズラ科ガマズミ属
オオデマリ
オオデマリ
スイカズラ科ガマズミ属
アベリア
アベリア
スイカズラ科ツクバネウツギ属
ビバーナム・ステリーレ
ビバーナム・ステリーレ
スイカズラ科ガマズミ属
ガマズミ
ガマズミ
スイカズラ科
サンゴジュ
珊瑚樹(サンゴジュ)の育て方
スイカズラ科ガマズミ属
アベリア・ホープレイズ
アベリア・ホープレイズ
スイカズラ科アベリア属
ビバーナム・スノーボール
ビバーナム・スノーボール
スイカズラ科ガマズミ属
ハコネウツギ
ハコネウツギ
スイカズラ科タニウツギ属
クナウティア
クナウティア
スイカズラ科クナウティア属

シンフォリカルポスのタグ

乾燥に弱い 落葉低木 北アメリカ フラワーアレンジメント
スポンサーリンク