ニューサイランの育て方

MENU
TOP>リュウゼツラン科>ニューサイラン
スポンサードリンク

ニューサイラン

nophoto
科名リュウゼツラン科
属名フォーミウム属
学名Phormium
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

ニューサイランは学名がフォーミウムですので、フォーミウムで流通していることもあります。基本的に頑健ですが、とにかく過湿に弱く、水はけが悪い土地では根腐れを起こしてしまいます。多年草で冬も常緑です。花も咲きますが鑑賞価値は薄く、戸外で育てる観葉植物です。

水やりと肥料

水やりは土が乾いてからするようにします。多湿が苦手で乾燥に強く、水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。乾燥気味に管理するのがコツです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

根が太く伸びる直根性の植物で、根が傷つくと枯れてしまいます。移植はムツカシイと考えて下さい。市販の苗を植えるときも、ポットや鉢の土は崩さずにそのままに植え替えをしてください。植えつけた後も土をギュウギュウと詰めないようにします。一旦根付けば非常に頑健です。
水はけが悪いと枯れます
市販の培養土に川砂やパーライトなどを混ぜて水はけをよくしてから植えてください。ジメっとした土では根腐れして枯れてしまいます。ニューサイランはとにかく過湿に注意です。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

品種にもよりますが耐寒性があります
よく見かけるニューサイランのテナックス(マオランと呼ばれることも)は耐寒温度がマイナス10度と非常に寒さに強いです。霜にも降雪にも耐えます。他の品種に関しては0度前後と霜が降りる地域では寒波しだいで枯れるので、植え付け前にチェックしましょう。
真夏の直射と西日に注意
日当たりを好むのですが、葉っぱが赤い品種などは真夏の直射日光に弱いので、真夏は半日陰になるような場所が好ましいです。

特徴・由来・伝承

ニュージーランド原産のリュウゼツラン科の常緑多年草。寒さ・乾燥に強く丈夫。多湿に弱いですが、育てるのは簡単。葉っぱがニョキニョキ伸びるのですが、この葉っぱが尖っているので、子供が居る家庭ではあまりオススメしません。
生け花やフラワーアレンジでも利用される植物。ニューサイランという名前は「入才蘭」と書きます。どうもニュー+サイランという西洋っぽい名前の気がしますが違うみたいです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

リュウゼツラン科の仲間


リュウゼツラン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用