コプロスマの育て方

TOP > アカネ科 > 更新日

コプロスマ

コプロスマ
科名アカネ科
属名コプロスマ属
学名Coprosma
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

コプロスマの育て方

文章の修正寒冷地で無ければ初心者向けカラーリーフ
耐寒温度はマイナス5度と寒さにも耐性があり、霜が降りる程度ならば戸外で越冬可能です。植えっぱなしで放置のカラーリーフとなります。ただし土が凍るほどの寒い地域ならば霜よけをするか鉢植えにして室内に取り込むようにします。
スポンサードリンク

水やりと肥料

文章の修正鉢植えにした場合は土が乾いていたら水をやるようにします。土が濡れている間は水をやらないでください。長期間ジメっとしている状態が続くと根が腐ってしまいます。
庭植えにすれば降雨だけで
庭植えにして一旦根付いてしまえば、降雨だけで十分生育します。日照りが続くようであれば水をやります。
戸外に植えていても軒下など雨の当たらない場所なら水やりをする必要があります。
肥料はあってもなくても
春と秋に固形の化成肥料をやるか、春から秋の生育期間に薄い液肥をあげます。肥料があるとよく生育しますが、肥料はさほど必要でなく、肥料が無くても枯れることはありません。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正普通の土で
水はけがよければコレといった土質は選びません。市販されている花と野菜の土(培養土)で植え付けをします。もしも自作するのであれば赤玉土腐葉土4を混ぜたものを使います。

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりで寒さに当たる場所なら葉色が変わる
コプロスマは新芽は斑入りの緑、その後日当たりだと赤くなり、寒さに当たると尚、赤くなります。日当たりが悪いとこの色合いの変化が鈍く、コプロスマがもったいないです。出来るだけ戸外の日当たりで管理しましょう。

特徴・由来・伝承

文章の修正コプロスマはニュージーランド原産アカネ科の植物でカラーリーフとして利用されます。常緑の低木です。

関係記事・人気記事

タニワタリの木

タニワタリの木(タニワタリノキ属)
タニワタリの木はアカネ科の常緑低木。寒い地域では冬は落葉するが春には芽吹く。開花は地域にもよりますが夏。切花として鑑賞することも可。寒さに若干弱いけども、育てられる。山間の湿地で自生するので、乾燥気…

コンロンカ

コンロンカ(コンロンカ属)
コンロンカは白いひらひらとした花を咲かせる熱帯性の植物で、独特の雰囲気があって人気があるのですが、冬越しがなかなか困難で、ある程度ガーデニングの経験がある人でないと毎年は難しいと思います。 [+[まとめ…

コケサンゴ

コケサンゴ(ネルテラ属)
半日陰を好み、湿気をある程度欲しがるのですが、過湿にも弱く簡単に根腐れしてしまいます。また、強く直射日光に当たると葉焼けしてしまいます。寒さには一定の耐性があるのものの5度以下になると枯れます。また…

ハクチョウゲ

ハクチョウゲ(ハクチョウゲ属)
[常緑低木で育てやすい] 常緑樹ですが、冬には葉っぱがパラパラと落ちてしまい、半分かそれ以上は落葉してしまいます。しかし庭木にして株が大きくなれば耐寒性も上がり、徐々に落葉がなくなります。芽吹く力も強…
管理用リンク
管理用