コロニラの育て方

MENU
TOP>マメ科>コロニラ
スポンサードリンク

コロニラ

コロニラ
科名マメ科
属名コロニラ属
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


土の表面が乾いたら水をタップリとあげてください。水をやり過ぎると根が傷みます。

寒さには強い。その反面、高温多湿に弱いので、風通しのいい場所で管理しないと夏越しが出来ません。乾燥気味を好みますが、水切れも大敵。土が乾いたらしっかりと水をやってください。

日光を好みますが、直射日光には葉焼けを起こしてしまうことがあります。日陰にはある程度の耐性がありますので、風通しのいい半日陰の場所に植える……半日陰のガーデニングに便利な植物です。

水やりと肥料


寒い時期でも水を吸い上げるために、他の植物と同じ感覚で冬の水遣りをしていると、水切れを起こしやすいので気をつけてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

3月前後に市場に出てきます。寒さに強く、ビオラ並みに頑健で、霜に当たっても枯れません。ただし、3月前後に市場に出る苗ものは温室で育てているので、いきなり戸外に出すと寒さにやられるかもしれません(未確認)。そこで、徐々に寒さにならすことを進めます。

コロニラは移植を嫌いますので、鉢植えで買った場合、その鉢のままで育てていかなくてはいけません。

特徴・由来・伝承

斑入りの葉っぱに黄色い花が咲くコロニラ。寒さに強く、パンジーやビオラ並みに、霜が降りても大丈夫。寒冷地に重宝するガーデニング植物。その代わりに、真冬であっても水切れに弱く、「冬だから~」と忘れていると、葉っぱがシオシオになっていることもあります。
コロニラはマメ科の植物で、茎は弱いので、背の低いイメージで植えるか、何かに沿わせて立たせるかしないといけません。

まだ流通量が少ないので少し値が張るかも。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

マメ科の仲間


マメ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用