デュランタライムの育て方

MENU
TOP>クマツヅラ科>デュランタライム
スポンサードリンク

デュランタライム(タイワンレンギョウ)

nophoto
科名クマツヅラ科
属名デュランタ属
学名Duranta repens Lime
別名タイワンレンギョウ
みずやり水を好む
場所冬は室内 夏は外
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

観葉植物です
デュランタデュランタ・宝塚のように「花」を楽しむのではなく、明るい緑の葉っぱを楽しむ観葉植物です。もちろん開花しますし、花も綺麗です。葉っぱが葉焼けしてしまいやすく、強い光に当てないようにしないといけません。

水やりと肥料

春から秋は普通の水やり
土が乾いてから水をやるようにします。土が濡れているのに水をやっていると根が腐ってしまいます。土を指で触って確認してから水をやるようにしましょう。水をやるときは鉢底から水が染み出すくらいにしっかりとやってください。
●受け皿に水が溜まっている場合は捨ててください
●夏は気温が高くてすぐに水が蒸発してしまいます。夏は朝と夕方の二回水をやります。
冬は水を控える
冬は生育が鈍くなり、気温が低いために水が蒸発しにくいです。春から秋の感覚で水をやっていると、すぐに根腐れを起こします。冬は土が乾いてから数日たってから水をやるようにします。
●秋に気温が20度を切ったあたりから、水遣りの頻度を減らします
●冬の水やりも春~秋同様に、鉢底から水が出るくらいにしっかりとやります。

肥料
春から秋にかけての生育期に液体肥料をやります。生育が旺盛になります。肥料が多いと葉っぱばかり茂って花が咲かなくなります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

二年に一回は植え替えをします。用土は戸外で管理するなら市販の培養土、室内でも管理するなら観葉植物の土を利用します。培養土は匂いがするからです。
自作する場合は赤玉土腐葉土4を混ぜて使います。
挿し木で増えます

管理場所・日当たり

直射日光に注意
デュランタライムは光を好むのですが、葉っぱに真夏の直射日光が当たると葉っぱが焼けます。春から秋は戸外の半日陰か日向、もしくは室内の明るいところが適しています。真夏は室内で管理する場合でもカーテン越しにするなど遮光する必要があります。
●戸外に置いている場合、気温が15度以下になったら室内に取り込みましょう。霜にあたると枯れます。
耐寒性は強い方
耐寒温度は3度と観葉植物としては強い方。霜の降りない暖地ならば、戸外で越冬することも可能です。その他の地域では、冬は室内に取り込むようにします。
●落葉しても枯死するわけではないので、春まで管理しましょう。
●寒さにあたると、葉っぱが痛み、紫がかって、先から黒く変色します。
●水を控えることで、植物の細胞内の水分が減り、耐寒性があがります。

特徴・由来・伝承

ライムのほかに、葉っぱに斑が入るデュランタバリエガータもあります。どちらも強い直射日光には葉っぱが痛みます。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

クマツヅラ科の仲間


クマツヅラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用