アエオニウムの育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>アエオニウム

アエオニウム(アエオニューム)

アエオニウム
科名ベンケイソウ科
学名Aeonium
別名アエオニューム
みずやり乾かし気味に
場所冬は室内 夏は外
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


育て方のまとめ
●乾燥に強くて過湿に弱い。水は控えめ。
●霜に当たったら枯れます。
●冬は室内へ。他の季節は戸外の日当たりへ。

気を付けるのはとにかく水。肉厚な葉から想像がつくように乾燥に強いのですが、湿度に弱く、真夏は暑すぎて休眠しますので、水を控えるか、与えないでください。

生育温度は5度以上と寒さにもほどほどの強いので、霜が降りるまでは日の当たる戸外で管理しても大丈夫です。
画像は黒法師です
アエオニウムの一品種「黒法師」がアエオニウムの中ではよく流通している品種です。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水のやりすぎにとにかく注意
アエオニウムは乾燥に強いのですが、湿度に弱く、アエオニウムが枯れるときは、腐って枯れるか、冬に室内に入れ忘れて霜で枯れるかのどちらかです。
●土が乾いてからたっぷりと水をやってください。
●多少、水やりを忘れたくらいでは枯れません。
●乾燥気味に管理。
●冬と真夏の生育が止まっているときは水を控えてください。ほんとうに土がカラカラになって白く変色してから、あげます。水をやるときは鉢底から水が出るくらいにやります。

肥料
肥料はほとんど必要ありません。春と秋に一回づつ、液体肥料を与えれば十分です。肥料が多いと根腐れしやすいです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されているサボテンの土か多肉植物の土で植え付けをします。アエオニウムは水はけの悪い土だと腐って枯れてしまいます。

管理場所・日当たり

アエオニウムは日光を好みますので、冬は室内の日当たりへ、春から夏は日の当たる戸外で管理してください。

霜には枯れますが
寒さにはある程度抵抗がありますので、霜が降りる季節になるまでは外で管理していても大丈夫です。霜に当たると枯れてしまいますので、それまでに室内に取り込んでください。

その他

アエオニウムは多肉ですが、葉を土に挿して、増やすことはできません。

伸びた茎を切り落として、発根するまで、土にもささず、水もやらずに、日当たりで放置。発根したら土に植えてやる……(未確認)

この種類はどうしても間延びしやすいので、これで短くできたらいいんですけど……

特徴・由来・伝承

北アフリカ・カナリー諸島や地中海の多肉植物で、管理も簡単な植物です。独特のフォルムと存在感、そして多種多様な品種は魅力です。
●名前に「明鏡」とか「艶姿」という漢字の品種が多いですが、みんな外国原産です。姿が和っぽいといえば、そう見えるんで、輸入業者がつけたんでしょうね。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用