クロッカスの育て方

MENU
TOP>アヤメ科>クロッカス

クロッカス(花サフラン・春サフラン)

クロッカス
科名アヤメ科
属名クロッカス属
学名Crocus
別名花サフラン・春サフラン
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

秋に植え付け、冬を戸外で過ごし春になると花を咲かせます。花が終わっても、すぐには休眠に入りません。残った葉っぱで翌年の栄養を蓄えます。葉っぱが枯れたら、掘り起こし風通しのいい日陰で夏を越えさせます。このサイクルを理解しておきましょう。花が終わっても葉っぱを切ったり、掘り起こしたりしないでください。掘り起こすならば地上部が枯れてからです。

クロッカスは寒さに強く、霜も雪も問題ありません。その反面、高温多湿に弱いために、真夏は球根を掘り起こして日陰で管理します。

真夏も植えたままにしておくと、水はけの悪い土地では球根が腐ります。ただ、水はけのいい土なら植えっぱなしで毎年咲いてくれます。特にクロッカスは二月前後の花の少ない時期から咲いてくれますから、嬉しい花ですね。
スポンサードリンク

水やりと肥料

クロッカスは多湿に弱いので、土が濡れている間は水をやらないで下さい。土が乾いたら水をたっぷりとやります。花が咲いているときは花に水が掛からないようにしましょう。花びらが繊細で勢い良くかけてしまうと破れてしまうことがあるからです。

花が無くなり、葉っぱも無くなったら、特に水をやらないでください。この時期に水をやると球根が腐ることがあります。
肥料は来年のためにも
開花前後から液肥をやっておきます。この時期に生育することで来年の栄養になります。この時期の生育不足すると来年の花が小さくなったり、奇形になりやすいです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販の土で、球根用の土というものもあります。通常の土よりも水はけがよくしてあります。もしくは赤玉土7腐葉土3か、赤玉土7腐葉土2川砂1を混ぜたものを使います。

庭植えが一般的です。環境が合えば、夏も掘り起こさず放置しておいて毎年花を咲かせます。貴重な球根なら毎年掘り起こしますが、まぁ、普通は植えっぱなしです。色んなサイトに夏は掘り起こして日陰で管理と書いてありますが、高い球根でも無いですし、来年も咲いたらラッキーという感じが一般的です。

管理場所・日当たり

日当たりのいい場所で育てます。

クロッカスは一旦寒さに当たらないと花芽が出来ないので、秋に植えて冬の寒さにあててやらないといけません。そうしないといくら温かくなっても花が咲きません。

なので必ず戸外の日当たりに植え付けて寒さにあててあげてください。

その他

クロッカスは落葉樹の根元のような場所が本来の自生地です。冬は木の葉が落葉して、日差しが当たり、夏は木の葉が茂って、日陰になるような場所です。

特徴・由来・伝承

クロッカスは耐寒性秋植え球根植物です。香辛料のサフランとは同じ属の仲間ですが、サフランが秋に咲くのに対して。クロッカスは春に咲きます。そこで春サフランと呼ばれたり、観賞目的で栽培されるので花サフランと呼ばれることもあります。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

アヤメ科の仲間


アヤメ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用