ワイヤープランツの育て方

MENU
TOP>タデ科>ワイヤープランツ

ワイヤープランツ(ワイヤーバイン・ミューレンベッキア・ワイヤープラント)

ワイヤープランツ
科名タデ科
属名ミューレンベッキア属
学名Muehlenbeckia-complexa
別名ワイヤーバイン・ミューレンベッキア・ワイヤープラント
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


日当りのいい場所でも半日陰でも育ちますし、日光が入る明るい部屋ならば室内でも生育します。高温多湿に弱いので、真夏は風通しの良い半日陰に移動させてください。寒さにはある程度の耐性がありますが、霜が当たると落葉します。落葉しますが、根までは枯れてないなら放置しておくと春には新芽が出てきます。ワイヤープランツにも花は咲きます。楚々とした花で目立ちませんが、かわいいです。
まとめ
●冬は0度まで耐える。霜に当たると枯れる。
●夏は直射に注意する。
●水切れに注意。
●落葉しても根が死んでいなければ復活する。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水切れに注意
土が乾いていたら、水をしっかりとやってください。常時濡れているくらいに水をやっていると根腐れをおこして枯れますが、枯れるのは大体「水切れ」です。
●ワイヤープランツは水が切れると干上がってチリチリになって、落葉し、茎だけになります。こうなると枯れた部分は復活不能です。
●チリチリになった部分はもう復活しないので、切ってしまいましょう。切ることで脇芽が出やすくなり、復活しやすくなります。
●春~夏は水を切らさないように気をつけてください。他の植物のように葉っぱが大きくないので土が水が蒸発しやすいです。
●冬は生育が鈍くなり、水を吸い上げる力も下がりますので、水やりは控えてください。

葉っぱに水を掛けるとハダニ予防に
ワイヤープランツにはハダニが発生します。ハダニは葉っぱに水を掛けることで予防になりますので、水をやるときは毎回でなくてもいいので、葉っぱにも水が掛かるようにしてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き


市販されている、花と野菜の土で植え付けをします。二年か三年に一回植え替えると良いです。

管理場所・日当たり

年間を通じて半日蔭で
日当たりでも半日陰でも育ち、日陰にも強い植物です。ただ、乾燥に弱い性質があるのに、葉っぱが小さく、茎も細いので蒸発が激しい…ために真夏に日当たりにおいていると、チリチリになりやすいです。そこで年間を通して半日陰で管理するほうが良いです。
●風通しが良くて、半日蔭や明るい日陰の場所だとよく茂る。
●風通しが意外と大事。
●真夏の直射日光には葉っぱが焼ける。室内ならカーテンで遮光を。戸外なら日蔭に移動させる。
●夏に室内で管理する時は冷房の風に当てない。冷房の風は乾燥しているのでチリチリになる。風が直撃しなかったらいいです。

冬は?
寒さにはある程度の耐性があり0度まで耐えます。ただし霜に当たると枯れるので注意。軒下など霜が直撃しないなら0度まで耐えます。
●室内に取り入れるのが無難。室内に取り入れる場合は暖房の風が当たらないようにする。暖房の風は乾燥していてチリチリになる。風が直撃しなかったらOK

その他

ハダニとアブラムシカイガラムシが発生します。ハダニは乾燥すると発生しやすいので、室内の冷暖房で乾燥するようであれば、葉っぱに霧吹きを掛けると、予防になります。
切り戻しをしましょう
葉っぱがポロポロと落ちるのは水切れ・日光不足・根詰まりなど考えられますが、生理現象としてある程度は起きます。葉っぱが落ちるとただの針金となりますので、これを切ってしまいましょう。

切ることで脇芽を出させて次の葉っぱが出やすくなります。また放置していると腐って病気の原因となるかもしれません。
●年に一回、春に地上部をバッサリと切り戻すと春夏に掛けてよく茂ります。
●切り戻すことで風通しがよくなり、茂りやすくなる、と思います。

特徴・由来・伝承

ワイヤーのような細くて赤茶色の茎からワイヤープランツという名前が付きました。小さくて艶のある葉っぱは切花にしてもカワイイ材料となります。フラワーアレンジをする人がよく育てている植物です。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

タデ科の仲間


タデ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用