キキョウの育て方

MENU
TOP>キキョウ科>キキョウ

キキョウ(桔梗)

キキョウ
科名キキョウ科
学名Platycodon-grandiflorus
別名桔梗
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

種をまくのは3月ですが、苗が出回るのは4月~初夏にかけてと、秋です。植え替えの時期もこの3月前後と秋と考えてください。
鉢植えにしていると根が張り、鉢底から根がはみ出てきます。そうなったら植え替えをしましょう。

日当りがいい場所に植えると、良く生育するのですが、直射日光が根元に当たると、根が乾燥して弱るので、一日のうちで午前中だけ日の当たるような「半日陰」の場所や、明るい日陰に植えることが多いです。

キキョウは土が余りに乾燥すると、根っこが乾燥して弱ってしまいます。土に直射日光がガンガン当たる場所はやめましょう。
スポンサードリンク

水やりと肥料

鉢植えの場合、春~秋は土が乾いていたら水をたっぷりとやってください。冬の鉢植えにも、土がカラカラに乾かないように水をやってください。冬は地上部は枯死します。

庭植えにした場合は、まめに水をやる必要はありません。酷く乾燥しない限りは水をやる必要はありません。
庭植えの場合も鉢植えの場合も夏は乾燥しやすく、あまりに乾燥すると根が枯死することがあります。出来れば乾燥を防ぐために真夏は根本に腐葉土やワラを敷いて蒸発を防ぎます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

弱酸性の土を好みます。庭植えする場合は石灰を混ぜる必要はありません。

用土は市販されている花と野菜の土に鹿沼土を混ぜて、弱酸性にしてから植え付けをします。鹿沼土は酸性の土です。
もしくは赤玉土5鹿沼土2腐葉土3を混ぜたものを使って植え付けをします。

管理場所・日当たり

戸外の日当たりか、半日陰です。真夏にあまり日が当たって根が乾燥すると傷むので半日陰に植えることが多いですが、根本が草に覆われていたり、ワラや腐葉土でマルチング(蒸発防ぐために根本をナニかで覆うこと)すれば日当たりでOK。

室内では日光が少なくて、傷んでしまいます。少々窓辺で日が当たるくらいでは日光量は不足します。必ず戸外で管理してください。暑い・寒いはキキョウには問題ありません。問題は花が咲く時期の極端な乾燥です。

その他

アブラムシハダニ、センチュウが発生します。
アブラムシは薬剤で駆除するか、捕殺。
ハダニも薬剤で駆除しましょう。
ハダニは乾燥すると発生しやすいので、わざと葉っぱに水を掛けることでハダニの発生を防げます。

センチュウは目に見えない小さな虫で、根に寄生します。生育が悪いときはセンチュウを疑ってください。

マリーゴールドはセンチュウを減らす成分を根から出しますので、マリーゴールドを側に植えることでセンチュウを防ぐことが出来ます。

ただしマリーゴールドが劇的に効果があるのは「ネグサレセンチュウ」で、キキョウに発生しがちな「ネコブセンチュウ」には効果が不安定です。それでも植えるとセンチュウが減ります。

ネコブセンチュウに効果がある植物は「クロタラリア」「ギニアグラス」「ソルゴー」があります。これらを側に植えるとセンチュウを減らすことが出来ます。

特徴・由来・伝承

家紋に桔梗紋があるように、桔梗の花は日本では古くから愛される花の1つです。明智光秀の家紋も桔梗紋です。

万葉集の中で「秋の七草」に数えられている「朝貌(アサガオ)の花」は桔梗のことではないかと言われています。

韓国語で「トラジ」と呼んで、キムチはビビンバなどの食材にすることもあります。「トラジ」という名前の韓国料理店は多いです。

桔梗の根にはサポニンが含まれていて薬(咳、鎮痛、解熱、鎮静)として使われていました。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

キキョウ科の仲間


キキョウ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用