芍薬(シャクヤク)の育て方…肥料・新芽摘み・植え付け方法のまとめ

MENU
TOP>ボタン科>シャクヤク
スポンサードリンク

シャクヤク(芍薬)

シャクヤク
科名ボタン科
属名ボタン属
学名Paeonia lactiflora
別名芍薬
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


芍薬(シャクヤク)は草。同じボタン科ボタン属の「ボタン」は木。ちなみにボタンは芍薬(シャクヤク)の根に接木しているものがほとんどです。多年草で世話をすれば、毎年大きな花を咲かせてくれます。
芍薬(シャクヤク)のまとめ
●庭植えの水やりはほぼ不要。
●鉢植えの水やりは、土が乾いたらやる。
●夏は西日に当てないようにする。庭植えの場合は株元に陽が当たるようであればマルチングをする。
●花がしぼんだら摘む。
●花がしぼんだら新芽を間引く。冬に枝をさばく。
●蕾を間引く。
肥料をしっかりやる。ただし、肥料が根に当たらないようにする。

水やりと肥料

鉢植えの水やり
芍薬(シャクヤク)は乾燥を嫌います。土が乾いたら水をタップリとあげてください。水切れを何度も起こすと生育不良を起こします。もちろん水をやりすぎると寝腐れを起こします。受け皿に溜まった水は捨ててください。

庭植えの水やり
庭植えの場合は、日照り続きで乾燥しない限りは自然に降る雨だけで十分です。

肥料
芍薬(シャクヤク)は肥料ぐいです。肥料が不足するとセンチュウが発生しやすくなります。3月(開花前)、5月(開花後)、9月(根を伸ばすため)、10月(根を伸ばすため)に緩効性の化成肥料を与えます。量は肥料によるので説明書きに準じてください。
●肥料が根に当たると根が痛むので、根から離してやります。株の周囲に円状に肥料をやります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


芍薬(シャクヤク)は根が細く、生育するのに時間がかかります。芍薬(シャクヤク)の植え替えのポイントは、根がちゃんと生育するようにしすること(植え替えてから年内は乾燥させない)。

鉢の用土
赤玉土腐葉土3川砂2の水はけのよい土を用意します。もしくは赤玉土(中粒)4鹿沼土4腐葉土1〜2もみ殻燻炭1を混ぜたものを使います。

庭植えの土
庭植えする場合で、水はけの悪い土ならば、川砂・腐葉土を足して水はけをよくしてください。 植え付けの際に堆肥を土に混ぜます。穴を掘って底に鶏糞を混ぜ込んでおきます。鶏糞は芍薬(シャクヤク)の根に当たらないようにします。根に当たると根が傷んでしまいます。堆肥を混ぜ込んでから一週間ほど寝かしておくと発酵させてから植え付けをします。
●完熟堆肥ならば寝かさなでいいです。

植え替えの頻度と植え替え時期
鉢植えにした場合、4年か5年に1回、一回り大きな鉢に植え替えます。植え替える時期は9月~10月。根が伸びるのが10月~11月ですので、これ以降に植え替えなどを行うと、根が上手く張れずに翌年の5月に花が少なくなったり、花が小さくなることがあります。芍薬の春植えは、やむをえない場合を除き極力避けるべきです。
●植え替えをすると株にストレスになります。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりで管理
日当りが良く、水はけの良い場所に、植えます。芍薬は和モノ…日本で自生しているもの…なので、暑さや寒さにも耐性があります。

西日に注意
鉢植えの場合、真夏は地中の温度が高温になって根を傷めます。特に西日が当たっていると高温になりやすいので、予防策として、二重鉢をします。一回り大きな鉢に入れることで、高温を防ぎます。それでも暑い場合は夕方は西日が当たらない場所に移動させてください。
庭植えの場合も真夏に地下部が高温になりますので、腐葉土やワラなどで根元を覆って高温を防いでください。

その他


花後に花を摘む
芍薬(シャクヤク)の花を放置していると、しぼんだ後に種子ができます。芍薬(シャクヤク)に限らずですが、種子を作ることを優先して株が弱ります。なので、花がしぼんだら早めに摘んでしまいます。

花後に新芽を間引く
芍薬(シャクヤク)は新芽が伸びて、枝が増えると風通しが悪くなります。風通しが悪いと病害虫が発生しやすくなります。また、枝が増えたことで栄養が花に回らなくなって花が小さくなってしまいます。そこで、花が終わった後に出てくる新芽を、幹から近いもの二つほどを残して指で取ってしまいます。
●細い枝や、邪魔な枝も剪定してしまいます。

蕾を間引く
「花の蕾」が見られるようになったら、庭植えの場合は一つの枝に花だけに間引きます。鉢植えの場合は1株に二つか三つ程度に間引きます。
病害虫
炭疽病 灰色カビ病 褐斑病 立ち枯れ病 うどんこ病 ネコブセンチュウが発生することがあります。

ネコブセンチュウは根元に住む小さな虫です。これが発生すると生育が衰えます。また夏に高温多湿の状況が続くと灰色カビ病が発生します。こうなると、葉やツボミにカビが発生して腐ります。どちらも、植えつけるときに「清潔」な土を用意することである程度の予防が出来ます。

灰色カビ病は薬剤の散布と終わった花を摘むなどいて予防・治療も可能ですが、センチュウが根付くと株ごと処分が必要になります。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿はユリの花」と言われるように芍薬は非常に一般的な園芸植物でした。江戸時代では熊本藩が園芸を奨励したために、熊本で品種改良が盛んに行われました。

ボタンが花の王…「花王」と呼ばれるのに対して、シャクヤクは花の宰相「花相」と呼ばれます。ボタンは木ですが、シャクヤクは草。シャクヤクの根は消炎、鎮痛、抗菌、止血、抗痙攣作用のある生薬です。風邪を引くと飲む葛根湯(カッコントウ)にも配合されています。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ボタン科の仲間


ボタン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用