コルディリネの育て方

MENU
TOP>リュウゼツラン科>コルディリネ
スポンサードリンク

コルディリネ(コルジリネ・赤ドラセナ・アカドラセナ)

コルディリネ
科名リュウゼツラン科
属名ドラセナ属
別名コルジリネ・赤ドラセナ・アカドラセナ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

室内で育てていると、葉っぱに埃がたまりますので、濡らしたタオルなどで葉っぱを拭いてあげるか、夏であれば戸外に出して上から水をジャバーっと掛けてあげてもいいです。水を葉っぱに掛けてあげると、ハダニの予防になります。ただ水シャワーなどで水を掛けると「水垢」が葉っぱに残るので見た目が悪くなるかもしれません。

水やりと肥料

土が乾いているようであれば、水をたっぷりとあげます。土が湿っているうちに水をやると、根腐れを起こしますので、よく土の湿りを確認してから水をやってください。

冬は成長が鈍くなり、水を吸い上げる力も鈍くなりますし、蒸発も少ないので、水を他の季節と同じ感覚で水をあげると根腐れを起こします。土が乾いてから数日経って水をやる程度に控えてください。

生育する春から秋に液体肥料を週に一回あげます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

根詰まりを起こすと新しい葉っぱが出てこなくなって、下葉から徐々に色が悪くなり葉が落ちて来ますので、そうなる前に二年に一回は新しい鉢植えに植え替えをします。
土は赤玉土6に腐葉土4を混ぜた土か、市販されている観葉植物の土で植えます。

植え替え適期は5月~7月ですが、鉢底から根が出ていたら冬でないなら、植え替えてください。

管理場所・日当たり

日当たりを好みます。日光が不足すると葉っぱの色が褪せて来ます。春~秋にかけては戸外の日当たりで管理すると良いですが、真夏は直射日光が強すぎて葉っぱが焼けて痛んでしまいますので、真夏は明るい日陰に移動させてください。
暑さには強い方なので、暑さには気を付けなくていいです。

5度以上で越冬しますので、霜が降りない地域では戸外で越冬も可能です。

特徴・由来・伝承

本来は何メートルもなるような高木で幹が膨らみます。よくハイドロカルチャーで水耕栽培されることがあります。生花市場に「赤ドラ(赤ドラセナ)」という名前で切り花で流通しています。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

リュウゼツラン科の仲間


リュウゼツラン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用