ピンクオクトパスの育て方

MENU
TOP>キキョウ科>ピンクオクトパス
スポンサードリンク

ピンクオクトパス(カンパニュラ)

ピンクオクトパス
科名キキョウ科
属名ホタルブクロ属
学名Campanula
別名カンパニュラ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


ホタルブクロの花びらが袋状ではなく、いくつかに裂けたように咲く新品種。ホタルブクロ同様に細かい毛が生えています。

北海道から九州まで自生するホタルブクロの園芸品種。高さは30センチ程度でグランドカバーにもなります。

水やりと肥料

土が乾いたら水をしっかりとやります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけの良い土が好ましいです。赤玉土4鹿沼土4腐葉土2を混ぜた土で植え付けをします。

管理場所・日当たり

日当たりの方が生育します。夏になると暑さで地上部が枯れて、そのまま冬を越し、春になるとまた芽吹くというサイクルを繰り返します。

特徴・由来・伝承

質感や葉っぱはホタルブクロに似ています。ピンクオクトパスという名前の通り、花がタコのように足を広げて咲きます。

まだ流通が少ないので、はっきりとしたことは分かりません。ですが、ホタルブクロに近い植物ですから、育てるのには難しくないはずです。ピンクオクトパス育て方ページはホタルブクロを参考にしています。今後情報が集まり次第内容を更新していく予定です。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ピンクオクトパスの日記

キキョウ科の仲間


キキョウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用