シルバープリペットの育て方

MENU
TOP>モクセイ科>シルバープリペット

シルバープリペット(セイヨウイボタ・ヨウシュイボタノキ)

シルバープリペット
科名モクセイ科
属名イボタノキ属.
学名Ligustrum sinense
別名セイヨウイボタ・ヨウシュイボタノキ
みずやりたまにやる程度
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

初心者向け庭木で、冬の寒さ、夏の暑さに強く、水も降雨だけ。花も咲きやすく、葉っぱもキレイ。葉っぱの模様を維持するのに少々剪定が必要ですが、簡単に楽しめる庭木です。
スポンサードリンク

水やりと肥料

植え付け直後二週間ほどは、水をしっかりとやります。その後一旦根付いていしまえば、日照りや極端な乾燥がなければ降雨だけで十分です。

肥料は2月と9月に骨粉入り固形油粕を根本に上げてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

春か秋に苗を植えます。庭の土に堆肥腐葉土を混ぜて、植え付けします。苗同士は40センチほど離して下さい。土質は選びません。土を足す場合は市販されている花と野菜の土で植え付けをします。秋に植えたものでも翌年の春には花が咲きます。

管理場所・日当たり

日当たりをを好みます。半日陰でも育ちます。ただし、日が少ないと斑入りが鈍くなってきます。

一般に斑入り植物は葉やけしやすいのですが、シルバープリペットは真夏でも葉焼けしません。冬も霜に当たっても枯れたりはしません。基本的には常緑ですが、寒い地域では葉っぱが少し落ちます。北海道でも越冬します。

超注意事項

斑入りの葉っぱは、一種のアルビノのようなもので、しばらくすると緑の普通のプリペットが生えてきます。この緑の枝を放置しておくと、緑の葉ばかりが茂って、斑入りのキレイな葉っぱが無くなっていきます。緑の葉のほうが性質が強いためです。

そこで、緑の枝が生えてきたら、コマメに切って落としていきます。何にもしないでいると、間違いなく緑のプリペットになっています。

ところが、日当たりが悪くても、斑入りの模様が薄くなってきますので、原因がどちらかよく考えて対処しましょう。

特徴・由来・伝承

プリペットの斑入り版がシルバープリペットです。市場に流通するのはもうシルバープリペットのほうが多いのではないかと思います。生垣に利用され、庭の境目に植えられます。春になるとこぼれるように花が咲き、良い香りがします。花期が短いのですが、このシルバープリペットは葉っぱの色合いもキレイで、花が咲かない時期も目に美しい植物です。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

モクセイ科の仲間


モクセイ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用