クッションモスの育て方

MENU
TOP>イワヒバ科>クッションモス
スポンサードリンク

クッションモス(セラギネラ)

クッションモス
科名イワヒバ科
属名イワヒバ属
学名Selaginella
別名セラギネラ
みずやり水を好む
場所外の日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

夏の暑さと蒸れに弱くて、夏に枯れてしまうことがほとんどです。上手く夏を越せば、冬は比較的越しやすいです。

水やりと肥料

春から秋の水やり
土が乾いていたら水をしっかりとやります。クッションモスは乾燥に弱く、土が乾燥しないようにマメに水をやります。
冬の水やり
冬は生育が鈍くなりますので水を控えます。土が濡れている間は水を控えますが、乾燥し切らないように水をやってください。
夏の管理に注意
クッションモスは夏の高温と蒸れに弱いのですが、水を控えるとカリカリになって枯れてしまいます。夏は必ず風通しのよい日陰へと移動させて、水をやってください。
春と秋に液肥を
春と秋に薄い液肥をやってください。肥料が無くても枯れはしませんが、生育がよくなりますので、液肥をやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えは春
鉢底から根が出ているようならば、植え替えをします。二年に一回は植え替えをしましょう。観葉植物の土にピートモスを二割混ぜたものを使います。

管理場所・日当たり

年間を通して直射日光を避けます
クッションモスは直射日光に当たると葉っぱが茶色く変色して枯れてしまいますので、室内でも戸外でも日陰かカーテン越しの日光に当たる程度にします。かといって、完全な日陰(例えば室内の暗いところとか)では枯れてしまいます。詳細は室内と戸外での日光量の違いを参考にしてください。
冬は凍結しないよう
クッションモスの耐寒温度は0度と、比較的寒さには強い方ですが、霜や凍結に合うと枯れてしまいます。戸外なら日陰の軒下。室内ならばカーテン越しの日光に当たるような場所で管理します。

特徴・由来・伝承

イワヒバ科の植物。クッションモスという名前は流通名で、セレギネラが学名です。クッションモスという名前はなかなかピッタリ。モコモコしていて、鉢の縁から溢れるように植えてあるとかわいらしいです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

イワヒバ科の仲間


イワヒバ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用