葉が黄色くなり、枯れてきた(オリーブの場合)

MENU
TOP>トラブル>オリーブの葉が枯れてきた
スポンサードリンク

オリーブの葉が枯れてきたら……


まとめ
オリーブは乾燥に強いだけで、水は欲しがる植物。水が少ないと葉っぱが黄色くなって落ちます。
●木を固定するのに針金を巻いている場合があります。これを外さないと、成長を阻害したり、食い込んで取れなくなることも。
●オリーブは環境が変わると古い葉を落とします。その時黄色くなって落ちます。環境の変化は、植え替えもありますし、なんら変化がなくても、生育とともに古い葉は落ちます(何の問題もない)。ですが、土が酸性になった・寒さに当たった・水不足・マグネシウム不足といった理由でもなります。見きわめが必要です。
●テントウノミハムシがよく発生する。捕殺するしかない。
●カメムシが枯らすので注意。
●スズメガ・コガネムシが発生。

オリーブの葉っぱが黄色くなった?

オリーブは自然と葉が落ちる
黄色くなって落葉したからといって、枯れる兆候とは限りません。古い葉っぱは自然と落ちますし、植え替え直後は落葉しやすいですし、冬になり寒さに当たると葉っぱは落ちます。これらは枯れる兆候ではなく、自然現象です。いずれ回復します。

でも、時間の経過と共に悪化し、あきらかにこれらとは違う原因となると―――

環境の変化が原因?

土の酸性化
オリーブは酸性土壌を嫌います。新しい土で植えていても、数年で酸性化し、オリーブが枯れこんできます。そもそも「雨」は弱酸性で雨ざらしにしていると当然酸性になります。対処法は石灰を根元に撒くこと。
●雨は空気中の二酸化炭素を吸収して、弱酸性になります。よって雨は必ず弱酸性です。

水不足
乾燥に強いのですが、夏など乾燥する時期は水不足にもなります。ネットの育て方などを見ると、「水のやりすぎ注意」とあるものの、やらない過ぎでも、当然枯れてきます。何事も適量で。特に鉢植えは水切れが起き易いので注意してください。対処法は水をやること。このとき弱っているからと肥料をやらないこと。弱っているときに肥料をやると枯れます。
●地植えにすると、自然雨だけで十分ですが、それでも夏の乾燥時期は水やりをしないといけません。

寒波に当たった
寒さに当たると葉っぱを落とすことがあります。これは仕方が無いことので、あきらめます。それに寒さに当たらないと花芽がつきません。
●マイナス10度かマイナス8度あたりを長期間、寒波に当たると枯れ込んできます。

蒸れ・根腐れ
水のやりすぎや、根元の風通しが悪くて枯れることがあります。土がずっとジメジメしていませんでしたか? 根元に鉢植えを置いていたり、グランドカバーを植えていませんか? オリーブは根が浅く、根で呼吸をしています。なので風通しが悪いと窒息してしまいます。
スポンサードリンク

肥料不足を考慮する

マグネシウム不足
マグネシウムは葉緑素の元。これが切れると葉っぱが黄色くなります。対処法は苦土石灰を撒く。苦土石灰の苦土はマグネシウムのことです。
肥料不足
マグネシウムもそうですが、肥料が不足すると、葉っぱが先から黄色くなってきます。こうなる前に肥料を追加するのが理想。オリーブ専用の肥料ってのもあって、オリーブ専用が便利。ネットやホームセンターで買いましょう。

枯れた部分は切除しましょう

枯れ枝は放置しない
枯れ枝をそのままにしておくと、そこから病気になることがあります。水切れなどで枯れてしまった枝は切っておきましょう。「庭木が枯れたかどうかの確認」を参考にして枯れ枝の見極めをしてください。

害虫に注意

害虫も
カメムシ・アブラムシカイガラムシ、その他害虫がやってきます。収穫するなら捕殺しますが、素直に薬殺して収穫をあきらめたほうがいいかも。コガネムシは腐葉土に寄ってきます。根元に腐葉土やワラを敷き詰めている場合は、まずこれを取りましょう。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

トラブルの仲間


トラブルの仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用