ロニセラ・レッドチップの育て方

TOP >スイカズラ科>>管理

レッドチップ(ロニセラニティダレッドチップ)

レッドチップ
科名スイカズラ科
属名スイカズラ属
学名Lonicera nitida 'RedTip'
別名ロニセラニティダレッドチップ
水やり水を好む
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. ロニセラ・レッドチップとは?
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え付け・植えかえ
  5. 管理場所・日当たり
  6. 剪定
  7. 病気・害虫
  8. 特徴・由来・伝承
  9. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

ロニセラ・レッドチップとは?

文章の修正レッドチップはスイカズラ科スイカズラ属(ロニセラ属=ハニーサックル)のニティダの園芸品種です。半常緑のツル性低木。ロニセラ・ニティダは草丈が低く1m程度で、耐寒性・耐陰性にすぐれています。日本どこでも生育します。よく密生するので生垣やグランドカバーに利用されます。その中でレッドチップは新芽が赤くなるのが特徴。花も咲きますが地味なので花より葉っぱを観賞するものです。
スポンサーリンク

水やり

庭植えの水やり

水やり
文章の修正ロニセラ・レッドチップは根が浅めで、強い乾燥には若干弱いですが、庭植えにして一旦根付いてしまえば自然に降る雨だけでほぼ大丈夫です。ただし、あまりに乾燥する真夏などは様子を見て水やりをしてください。夏にあまりに乾燥すると生育が止まります。

鉢植えの水やり

文章の修正鉢植えの場合は、一般的な水やりをしてください。土が乾いてから水をやります。土に触ってみて湿り気があるのなら水はやりません。大事なのはメリハリです。いつも濡れているようでは根が腐ってしまいます。水をやるときは鉢底から水が出てくるくらいにしっかりとやってください。

夏は高温で乾燥するので、朝と夕方の2回、しっかりと水をやってください。水やりが追いつかないなら、半日陰に移動させましょう。

肥料

肥料
文章の修正肥料は寒肥として12月〜2月のどこかで一回だけ緩効性肥料(化成肥料)をやります。春以降は肥料は不要です。
化成肥料の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

植え付け・植えかえ

文章の修正ロニセラ・レッドチップは生育時期の4月〜10月あたりの夏を避けた時期に植え替え・植え付けをします。真夏は乾燥で傷めやすいので避けましょう。

根が浅いので鉢植えでも庭植えでも生育に差が無い。

用土

文章の修正用土は一般的な花と野菜の培養土を使います。自作する場合は赤玉土腐葉土4に化成肥料を入れたものを利用します。庭植えにする場合は、元の土に腐葉土か堆肥を追加し、水はけが悪いならば川砂・軽石・パーライトなどを入れて水はけをよくしましょう。

庭植え

文章の修正植え付ける1週間前に深さ50cmほどの掘り返して、元の土に腐葉土か堆肥を2割〜3割ほど追加し、元肥として化成肥料を入れて混ぜておきます。粘土質で水はけが悪いならば川砂・軽石・パーライトなどを入れて水はけをよくしてください。用土を穴に半分戻して、株を入れて、土を隙間に入れていき、水をやって完成です。水極めをするといいです。

株同士は1m〜1.5m空けて植え付けます。ツル自体はからませれば4mほど伸びます。

挿木で増やす

文章の修正7月〜8月にその年に出た新枝を7cm〜15cmほど切って、下葉を取り、水揚げをします。水揚げとはコップに水を入れて、切り口を水につけて葉っぱの先まで水を行き渡らせる作業です。切り口はよく切れるナイフで斜めに切り、切り口に発根促進剤を塗って、挿し床に挿します。ビニールポットに赤玉土小粒単用を入れて挿し床にしましょう。あとは乾燥し切らないように水をやりつつ、明るい日陰で管理していると発根します。

発根したら鉢や庭に植え付けます。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
文章の修正ロニセラ・レッドチップは日当たりを好みますが、半日蔭でも問題なく育ちます。多少日蔭でも十分生育します。もともと花に期待するものではないので、日当たりは他の植物に譲ってもいいでしょう。

ロニセラの品種オーレアは夏の直射日光に葉焼けをする。

越冬

文章の修正寒さには非常に強く、耐寒温度はマイナス20度ほどで北海道でも戸外での越冬が可能な植物です。防寒の必要もありません。

剪定

文章の修正ハニーサックルに比べると繁殖力は弱いですが「木」としては、かなり生育の早い方です。多少剪定を強めにしたからといって枯れることはありません。邪魔な枝はサッサと切り落としてしまいましょう。

剪定適期は9月とか冬とされますが、別にいつでもいいです。邪魔なら切りましょう。それで枯れることはありません。

小さく低くしたい場合は、株下から20cm〜30cm程度にバッサリと切ってしまうと小さくまとめることもできます。大きくなっていい場合は、半分ほどの高さで切ってしまえば、枝が増えて密になります。

病気・害虫

文章の修正ロニセラ・レッドチップは病害虫は少ない、頑健な植物ですが、カイガラムシアブラムシといった植物だったら「なんでもつく」ものはやっぱりつきます。オルトラン・ベストガードなどで予防しましょう。

特徴・由来・伝承

文章の修正レッドチップはロニセラの一品種です。ロニセラはスイカズラ科の植物でハニーサックルと同属となりますが、性質は似ていても、ガーデナーにとっては「キャラクター」が違います。

花が特徴的て甘い香りがあるツル性のハニーサックルに対して、葉っぱがメインで花は目立たないグランドカバーとしても利用される樹高の低い(1mほど)レッドチップも含むロニセラニティダ類はほぼ違うモノと考えた方がいいでしょう。どちらも常緑です。

ロニセラには斑入りのイエロービューティーもあります。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

オトコヨウゾメ
スイカズラ科ガマズミ属
ハニーサックル
スイカズラ科スイカズラ属
ハコネウツギ
スイカズラ科タニウツギ属
エルダーフラワー
スイカズラ科ニワトコ属
ハクサンボク
スイカズラ科ガマズミ属
オオデマリ
スイカズラ科ガマズミ属
ガマズミ
スイカズラ科
サンゴジュ
スイカズラ科ガマズミ属
ビバーナム・スノーボール
スイカズラ科ガマズミ属
アベリアホープレイズ
スイカズラ科アベリア属
スポンサーリンク