オーガスタの育て方

MENU
TOP>バショウ科>オーガスタ
スポンサードリンク

オーガスタ(ストレリチア・ニコライ)

nophoto
科名バショウ科
属名ストレリチア属
別名ストレリチア・ニコライ
みずやり水控え目
場所日の当たる室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

日光を好みますが、急に強い日光に当てると葉っぱが傷む場合があります。日光に当たって葉っぱが変色するようであれば、明るい日陰に移動させて徐々に明るい場所に慣らせるか、レースのカーテンなどで遮光してあげてください。

冬越しも難しくない
冬は5度以上必要です(観葉としては寒さに強いほう)。人が生活している場所で充分な温度なので、リビングなどに置いてください。

春以降は戸外でも
春以降気温が気温が20度以上になると戸外で管理してもOKです。いきなり日当りに出さずに最初は半日陰から始めて徐々に日当りへと移動させてください。

花には期待しないで
ストレチア(ストレリチア)の仲間ですから、ゴクラクチョウカ(極楽鳥花)のような花が咲かない訳では無いのですが、花を咲かせるには春から秋にしっかりと日光を当ててやらないといけません。室内で管理できるのがオーガスタの利点なので、無理に花を咲かせるのではなくて観葉植物として管理するのがオススメです。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水のやりすぎに注意
土が乾いたら、タップリと水をやってください。水は土が乾いてからしっかりと、鉢底から水がしみ出す位にやってください。土に触ってみて濡れているようならば水はやらないでください。

乾燥させすぎたら
土がひび割れるほど乾燥させてしまった場合は、大きなバケツに水を張り、そこに鉢ごと潅水させてください。

冬は成長が止まるので、水を吸い上げる力が鈍くなり、水をやり過ぎると根腐れの原因になります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

根が張りやすく、二年に一回程度は植え替えが必要になります。植え替えに適した時期は5月~6月ですが、あまりに根が詰まっているようであれば、いつでも植え替えしてください。

陶器の鉢をカチ割るほど
根がどんどんと張っていくと、普通の植物ならば根が詰まって枯れるのですが、オーガスタは鉢が根でいっぱいになり、ついには鉢をカチ割ってしまいます。それから植え替えても大丈夫ですが、できればその前に植え替えをしましょう。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

室内の明るいところで管理します。日光にあててあげるとよく成長します。といっても、真夏の強い直射では葉っぱが焼けるので、室内の明るいところで管理します。

オーガスタは横に伸びない
オーガスタは上へと成長するばかりで横に伸びません。なので、他の観葉のように横に葉が広がって邪魔になるということがありません。

その他

乾燥するとハダニが発生します。
冬は乾燥してハダニが増えやすいので、葉っぱに霧吹きをかけてやると予防になります。

ストレリチア・オーガスタは根っこが縦に伸びやすく、大抵縦長の器に入っています。その上長い茎の先に大きな葉っぱをつけるために戸外に置いておくと、風に倒れてしまうことが多いので気をつけてください。陶器の場合だと木っ端微塵なんてこともよくあります。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

バナナに似た葉の植物で、マダガスカル原産。花屋さんで見かける極楽蝶花(ごくらくちょうか)とは同属仲間で、似たような花を咲かせます。

オーガスタは葉っぱを主に観賞するものです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

バショウ科の仲間


バショウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用