オレンジレイの育て方

TOP > アオイ科 > 更新日

オレンジレイ(イリマ)

オレンジレイ
科名アオイ科
属名キンゴジカ属
学名Hibiscus
別名イリマ
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

オレンジレイの育て方

文章の修正出回り始めた品種なので未知数。ただし属名のキンゴジカという植物は日本に自生しているので、育てるのは難しくは無いはずです。

育成温度が5度以上ということから霜に当たると枯れますが、暖地なら軒下の管理で越冬も可能です。
スポンサードリンク

水やりと肥料

文章の修正土が乾いたら水をやってください。土が濡れていたら水はあげないでください。長期間濡れている状態が続くと根が腐ってしまいます。

しかしオレンジレイは地上部に対して、鉢が小さいことが多く、水切れしやすい傾向があります。水やりをする前に土に触ってみて乾いているかどうかチェックしてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正根の張りが早いので、毎年春に花と野菜の土(培養土)で植え替えをします。株から抜き出し、土を落とさずに新しい土で一回り大きな鉢に植えます。

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりを好みますので、春から秋に掛けては日当たりで管理します。直射日光で葉焼けすることがたまにありますので、葉やけしたら半日陰に移動させてください。

冬は室内の日当たりで管理します。

特徴・由来・伝承

文章の修正ハワイ原産のハイビスカスに似た花。ハワイで首にかける「レイ」に使われるという話ですが、出回り始めたばかりのものなので情報が少ないです。属名のキンゴジカという植物は日本でも自生していて(元は外来)、一メートル前後の木にもなります(植物図鑑によって扱いが違います)。

咲いた花が一日でしぼむ一日花です。

オレンジレイは商品名です。

関係記事・人気記事

綿花

綿花(ワタ属)
[概要] 綿花(メンカ)はアオイ科ワタ属の一年草。綿花は厳密に言えば種子を包んでいる「綿」のこと。白い花にたとえて「綿花」。なので、苗を探す場合は綿花ではなくて「木綿(モメン)」とか単に「ワタの苗」、…

ハイビスカス

ハイビスカス(フヨウ属)
[概要] ハイビスカスはアオイ科の常緑多年草(場合により落葉)。ブッソウゲ(扶桑花・仏桑華)とも呼ばれる。 基本的に5月前後から店頭に出回り夏の間中、咲き乱れる南国風ビジュアルの花。夏の暑さ、直射日光…

コモンマロウ

コモンマロウ(ゼニアオイ属)
[コモンマロウで流通しているのは二種] コモンマロウという名前で流通しているのは「ウスベニアオイ」と「ゼニアオイ」です。両者には若干の性質の違い、見た目の違いがある。ゼニアオイは道端に生える雑草。完全…

オクラ

オクラ(トロロアオイ属)
[簡単で収穫も多い] オクラは日当たりと肥料と水やりで、簡単に大量に収穫できます。たくさん収穫できすぎるので、何株も植えると困るくらいです。 [生育温度について] オクラはアフリカ出身で、暑さには強いで…
管理用リンク
管理用