スイフヨウの育て方

MENU
使い方 TOP

スイフヨウ(酔芙蓉)

スイフヨウ
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名アオイ科
学名Hibiscus mutabilis
別名酔芙蓉
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
生育サイクル
アオイ科の低木。といっても3mくらいにはなる。春に苗を植え付け、春から夏にかけて枝を伸ばして生育、夏に花が咲きます。冬は落葉する落葉樹。通常の芙蓉よりも寒さに弱く、暖地だと戸外での越冬が可能だが、関東以北では冬は室内管理。関東から西の霜が降りる地域では戸外の霜の当たらない場所で管理すれば越冬する。基本的に八重。一重の酔芙蓉もあるが珍しい。
気温が高いと午前中からピンクに
真夏にスイフヨウが咲くと、午前中からすでにピンク色に染まる。一本の木に白い花とピンクの花が多種多色咲いているように見えます。スイフヨウは芙蓉よりも花期が遅いです。花は一日花で、一日でしぼむ。
樹高最大3m。剪定で抑制は容易。
まとめ
●花屋やホームセンターに苗が出ることはほとんどない。購入するならばネットで買ったほうがいい。
●酔芙蓉を育てている人は、特に必要もないのに挿し木で増やす。近所にスイフヨウを育てている人が居たら、聞いてみるといいです。もしくは枝をもらって挿し木しましょう。
●土が乾いたら水をやる。鉢植えは水のやりすぎに注意。
●夏は逆に水切れに注意。
●開花中は肥料をやる。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水やりと肥料
この項目の修正・提案をする
土が乾いていたら水をやってください。夏になると蒸発が激しく、葉っぱが大きいこともあって、水切れしやすくなります。鉢植えだと尚更水切れが起きやすくなります。庭植えでも夏は乾燥するようであれば水をやってください。
●基本的には庭植え推奨。

冬に寒肥を
2月に株元に油かすなどをの肥料をやります。これは春以降に生育するための準備のための肥料です。
春に緩効性固形肥料を
新芽が出る4月以降に株もとに緩効性肥料をやってください。
7月以降に液肥を
花芽が出来る7月以降から花が咲いている間は一週間に一回程度、液肥をあげてください。酔芙蓉はよく開花します。開花するには「リン」が必要です。リンが切れると開花が鈍くなるので、肥料は規定の量をあげるようにするとよく開花するようになります。

植え付け・植えかえ

植え付け・植えかえ
この項目の修正・提案をする
用土
水はけのよい肥沃な土を好みます。鉢植えにする場合は花と野菜の土に川砂を1割ほど混ぜるか、そのままで植え付けをします(一般的には庭植え)。庭植えにする場合は、水はけが悪いならば川砂を入れ、腐葉土堆肥を二割か三割ほど足してから植え付けをしてください。
鉢植えならできるだけ大きな鉢で
大きな鉢のほうが大きく育ち、花がたくさん咲きます。直径30cmの尺鉢とよばれるものに植えるのがよいです。
鉢植え
鉢底の穴を網で塞いで、その上に軽石を3センチほど入れます。穴を塞ぐ網も軽石もホームセンターで売ってます。あとは用土を入れ、苗を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやれば完成です。植え付けのときは根を崩さないように、土を崩さないように植えてください。根をいじって傷つけると生育不良を起こします。
●鉢底の穴を根っこが突き破って、地面に根を伸ばすことがあるので、地面に直接置かないようにする。

庭植え
庭の土を深さ30cmほど掘り、腐葉土か堆肥を3割か4割ほど混ぜて、緩効性肥料を入れて、苗を植えます。苗についている土は落とさず、根もほぐさないで植えてください。
●地植えにすると生育が早い。幹が太くなる。

挿し木

挿し木
この項目の修正・提案をする
酔芙蓉は八重で、種子ができづらいです。多少は出来るらしいですが、ほとんどできない。そのかわり、挿し木の成功率が非常に高いです。
秋…挿し木を取る
酔芙蓉は挿し木でいくらでも増えます。秋になり、葉っぱが落ち始めたときに、ついでに剪定します。新芽がついた枝を取り、25cmから30cmほどに切ってビニール袋に入れて、土に埋めておきます。
●新芽は枝についた「ぽっち」のこと。
●土の中に埋めるのは凍らないようし、一定の水分がある環境を作るため。

春…挿し木にする
春になり、埋めた木を掘り出します。木の根元の方の切り口をナイフで新しくします。25cmから30cmだった木は大体。20cmから25cmくらいになります。その新しい切り口を地面に刺します。枝の半分が土に埋まるように挿しましょう。
用土は上記の「花と野菜の培養土」でもいいですが、できれば肥料がないって居ないほうが雑菌が繁殖せず、成功率が上がります。発根までは一ヶ月ほど。
●切り口に発根剤を塗ると成功率がさらにアップ。塗らなくてもかなり成功率は高いですが。

葉っぱが出たら植え替えをする
葉っぱが出て、生育し始め、葉っぱが3枚か4枚になったら、鉢植えにしたり庭植えにします。最初から庭の土に挿し木してもいいですが、アオイ科植物は「移植ができない」ので、まずは鉢で株を作ってから、どこに植えるか考えたほうが良いです。
5月6月に挿し木しても良い
上に書いたのはよく、酔芙蓉の育て方の本に書いてある内容。秋冬に剪定した枝を保存しておいて春に取り出すのは、おそらく剪定した枝を効率よく利用するためで、5月6月に芽のついた枝を切って、挿し木しても発根し、晩夏から秋の開花まで間に合う。なので、面倒なら春に挿し木しても良い。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
日当たりがいい場所で育ててください。日当たりさえよければあとの管理は難しくないです。環境が合えば育てやすい植物です。ベランダでも日当たりが良ければ育つ。
耐暑性があり夏の暑さには強い
耐暑性があって、夏の暑さには問題がありません。日を受けすぎて水切れが起きるくらいです。乾燥に弱いので水切れに注意します。
寒さに若干弱い
寒がりで関東以北では冬は室内管理にします。他の地域では戸外での越冬が可能ですが、それでもスイフヨウは寒さに弱く、暖地でも冬の寒さで葉っぱが傷みます。霜が降りる地域は、株全体を地表30cmから50cmほどに剪定して、株もとに腐葉土やワラをかぶせたりして、マルチング(防寒対策)が必要になります。

剪定

この項目の修正・提案をする
剪定は葉っぱが枯れこむ冬に
スイフヨウの花芽は7月以降に出来ますので、7月以降に剪定をしないでください(開花は夏から秋…花芽ができてすぐに開花するので剪定して落とすことはほとんどない)。適期は冬です。寒さで葉っぱが枯れこむ12月から3月に、適当な大きさに剪定します。重なり合っている枝を枝を間引いて、光が幹まで届くようにし、風通しを良くします。
酔芙蓉は放置していると3mのまぁまぁ大きな木になります。毎年生育するほどに根づいているなら、樹高30cmか50cmくらいでバッサリ切っても、春から秋の生育時期に枝を伸ばしますので、気にせず剪定しましょう。
●非常に萌芽しやすいので、多少強い剪定をしても問題ないです。
●冬に枯れ込む地域は毎年、幹を地際から30cmくらいに切って、株元にマルチングをして防寒します。
●枝の上に方に花が付きやすく、2mくらいから、花が咲いても花が見えないか、見えづらくなる。なので定期的に冬にバッサリと切り戻す。
●金持ちの家(というか園芸が好きな家)は一段低いところに酔芙蓉を植える。すると大きくなっても、上から見下ろすように花を鑑賞できる。

病害虫

この項目の修正・提案をする
ハマキムシ(ワタノメイガ)
葉っぱがクルクルと巻かれていたら、そのなかに虫が居ます。ハマキムシはワタノメイガの幼虫。ワタノメイガは綿(アオイ科)の葉っぱを食べる幼虫の蛾のこと。ハマキムシが発生したら、見つけ次第補殺します。追いつかない場合は、ゼンターリ粒状水和剤・プレバソンフロアブル・オルトラン乳剤・カルホス乳剤・スミチオン乳剤の1000倍溶液などを使用します。
カミキリムシ(ラミーカミキリ)
カミキリムシの幼虫が幹を食い荒らします。おがくずが発生しますので、すぐに分かります。穴に針金を突っ込んで幼虫を殺します。カミキリムシが発生しますが、それで枯れることはあまりないです。
フタトガリコヤガ
毛虫。というかトゲのある青虫。葉っぱを食い荒らす。ほぼ発生する。外観が非常に悪くなるので、箸などでつまんで取り除く。クロルフルアズロン乳剤・オルトラン水和剤が効く。
アブラムシ
葉っぱや新芽の汁をすう。オルトランを前もってやっていると予防できる。スミチオン乳剤も効く。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
芙蓉(フヨウ)の園芸品種。朝に花が咲いて徐々にピンク色に染まり、夕方から朝方にかけて赤くなり、しぼんでしまいます。その色合いの変化が「酔っぱらっている」ように見えることから、酔芙蓉と呼ばれます。基本的に八重の花を咲かせます(一重の品種もある)。寒さに弱いです。独特の容姿から愛好家は多いです。
ハイビスカスの仲間
ハイビスカスは亜熱帯の植物で日本の夏の暑さで夏は花が止まります。しかし酔芙蓉は夏の暑さに無関係に開花します。

雑記

この項目の修正・提案をする
●ツボミが出来てもなかなか咲かないのは温度と日光が足りないから。我慢するか、室内に取り込んで暖かくし、日光に当てると開花する。8月9月は開花しやすいが10月以降になると咲きづらい。
●11月くらいまで涼しくなると、一日花なのに前日の花が残っている。
●八重の花は雄しべ雌しべが未発達なことが多いために、結実しにくい。が、全く結実しないのではなく、稀に結実する。すると、その種子を撒くと「一重の酔芙蓉」ができるらしい。ほんと?
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

アオイ科の仲間


アオイ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用