オリヅルランの育て方

TOP >キジカクシ科>>管理

オリヅルラン(折鶴蘭)

オリヅルラン
科名キジカクシ科
属名オリヅルラン属
学名Chlorophytum comosum
別名折鶴蘭
みずやり水控え目
場所室内
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. オリヅルランの育て方
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え付け・植えかえ
  5. 管理場所・日当たり
  6. 病害虫
  7. 特徴・由来・伝承

オリヅルランの育て方

オリヅルランの育て方
文章の修正オリヅルランはキジカクシ科の常緑宿根草観葉植物としてよく流通しているのはナカフオリヅルラン・ソトフオリヅルランです。
葉っぱの先が茶色くなって枯れこんでいたら、水不足か根詰まりを疑ってください。先が変色したら、見た目が悪いので先を葉っぱの先に見えるように切ってきれいにしましょう。しなくても特に植物の健康上には問題ないです。あくまで見た目の問題です。
霜に注意
冬は基本的に室内で管理します。耐寒温度が3度と観葉植物としては寒さに強いほうですが、霜に当たると即アウトです。霜が降りない地域では戸外で越冬も可能ですが、寒風にあたると傷みますので、室内が無難です。
まとめ
●一年中、室内で管理する。
水やりは普通。
●霜に当たると枯れる。
●葉っぱの先に新しい株ができる(ランナー)。
スポンサーリンク

水やり

文章の修正オリヅルランは根が太くて乾燥に強い植物です。土が乾いていたら水をやります。土が濡れているのに、チョコチョコと水をやっていると根が腐ってしまいます。水をやるときは鉢の底から水が出てくるくらいにシッカリとやってください。

霧吹きで葉っぱの裏にかけることでハダニなどのの予防になります。
●水切れになると葉っぱの先が茶色く変色してしまいます。
●夏場は特に水切れに気をつけてください。

冬の水やり
冬になると他の観葉植物同様、水の吸い上げる力が低下しますので、水をやり過ぎると傷みます。冬は土が乾いてから三日か四日ほど経ってから水をやってください。

肥料

文章の修正肥料
生育期である5月~9月には液体肥料か、ゆっくりと解ける緩効性の肥料を与えてください。肥料をあげるかどうかで、茂り方や葉っぱの色合いが全く違います。

オリヅルランは肥料の量で葉っぱの色合いが変わってきます。肥料が少ないときは葉っぱが白くなり、肥料が多いとオリヅルランの白い部分が黄色くなってきます。色合いを見て肥料の調節も必要です。

植え付け・植えかえ

植え替え時期

文章の修正植え替え時期
4月〜10月に植え替えをします。二年に一回か毎年植え替えをします。オリズルランは根の張りが早く、ほとんど毎年植え替えると思ってください。葉の先が枯れたり、葉っぱが少なくなったら根詰まりから根腐れしたかもしれません。そこで、植え替えをします。

用土

文章の修正用土
観葉植物の土で植え付けをします。室内で管理するので腐葉土の入っている土は匂って辛いです。観葉植物の土は腐葉土が入っていないので、匂いがしません。自作する場合は赤玉土5ピートモス3川砂2を混ぜたものを使います。

植え替え

文章の修正植え替え
植え替えの前の1週間ほどは水を切ってカラカラにします。古い鉢から取り出し、古い土を落とし、根の先を切り落としてから一回り大きな鉢に植え替えます。新しい鉢の底の穴を網で塞いで、その上に軽石を3cmほど敷きます。その上に用土を入れ、株を入れて、隙間に用土を入れて最後に水をやって完成です。
●古い土は落とさないで一回り大きな鉢に植え付けた方がダメージは少ないので、できればその方がいいです。
●ハンギングにした方が、ランナーがかっこいい!

ランナーで増やす

文章の修正ランナーで増やす!
オリヅルランは葉っぱの先から新しい株を作ります。コレをランナーと呼びます。自生地ではこれで横へ横へ広がっていくのですが、日本で育てていると、横に伸びては困る場合もあります。特に庭で管理していてランナーで広がってしまうと、どうも切り落としづらくなって、軒下からはみ出した部分が霜に当たって全滅なんてこともあります。

ランナーは切って新しい鉢に植えたり、人にあげるか、しましょう。

ランナーの先に葉っぱが数枚出たら、これを土に植えると発根します。ランナーの茎の根本から切って、茎は全部取り除いてください。土に植えたら、発根するまでは乾燥しないように水をやりましょう。もしくは水挿しにして発根させてから植え付けます。ランナーの状態ですでに発根してる場合はすぐに植え付けていいです。

オリヅルランはランナーで横へと広がっていくものなので、ランナーを土に接地させていると発根してそのまま増えるので、それでも株は増やせます。
●ランナーでいくらでもクローン栽培ができるのですが、一回やったら飽きますよ。でも、ガーデナーなら一回はやりがち。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
文章の修正オリズルランは耐陰性があって少々日陰でも育ちますので、無理に戸外で管理しなくてもかまいません。年間を通して風通しの良い、室内の日当たりか明るい場所で管理します。室内で管理する場合も夏は直射日光を避けてください。ただ、あまりに日当たりが悪いと徒長(=ひょろながくなること)してしまいますので、ちょうどいい場所を探しましょう。
本来は日当たりを好む
本来は日当たりを好むのですが、購入時点ではあまり日光に慣れていませんし、耐陰性もあって室内で管理するのが一般的です。ですが、戸外で管理することもできます。購入時点のオリヅルランはビニールハウスなどの日光の柔らかい場所で育てられてきていて、春や秋であっても、いきなり戸外の直射日光に当てると、葉焼けを起こしてしますます。戸外で管理する場合も日陰(10日ほど)→半日陰(10日ほど)と徐々に慣らしていって、日当たりへと移動させてください。

夏の直射日光に当たると葉っぱが焼けてしまいます。夏は半日陰か日陰へと移動させます。夏の暑さには強いです。
●クーラーの風は非常に乾燥しているので、風が当たらないようにします。直接じゃなければいいです。

冬の管理

文章の修正冬は5度以上の場所
オリヅルランは寒さにちょい弱くて霜に当たると枯れます。冬は室内で管理します。室内の日当たりで管理してください。昼間に暖房をかけているリビングは、夜に暖房を切っても5度以下にはなりにくいですので、そういうところで管理しましょう。
ただ、暖房の風が直接当たったら乾燥で枯れるので、風が直接当たらないようにします。
●窓の近くは外気に近く氷点下になることがあるので、寒波が来る時は窓から話しましょう。出窓は特に氷点下になりやすいので注意。

病害虫

文章の修正ハダニ
小さなダニで葉っぱの裏に潜んで汁を吸い、株を弱らせます。乾燥すると発生するので、葉っぱの裏に霧吹きで水をかけてやると予防できます。大量に発生したら薬剤を散布して駆除します。ハダニは他の植物からウィルス病を運んでくるので、できれば早めに駆除しましょう。
アブラムシ
葉っぱや茎の汁を吸って弱らせます。ハダニ同様にウィルス病を運んできます。また排泄物に糖分があり、これにスス病という黒いカビが発生します。スス病はオリヅルランを枯らしてしまう病気ではないんですが、見た目が醜いのでアブラムシを早めに駆除します。
カイガラムシ
白い動かない虫。発生したら削ぎ落とします。ウィルス病やスス病の原因になります。動かない成虫には薬剤があまり効かないので、薬剤は定期的に長期に散布しないと効果が薄いです。
ウィルス病
モザイク状の模様が出て、徐々に弱っていきます。ウィルスが原因で治療はできないため、他の株(他の植物)に感染する前に株を処分してしまいましょう。

特徴・由来・伝承

文章の修正オリヅルランは常緑多年草で観葉植物として人気のある育てるのも簡単な植物です。ランナーの先にできる株が折鶴のようなのでオリヅルランと呼ばれるようになりました。乾燥に強くて、太い根の中に水分を蓄えているので、水を少々忘れるくらいでは枯れない。その上、比較的加湿しても根腐れがおきにくいのも観葉植物としては珍しくて、初心者向きです。

NASAの研究の結果、空気洗浄機能の強い観葉植物でナンバー1の栄誉に輝いています。
スポンサードリンク

記事の紹介

同じ科の植物

リュウノヒゲ
キジカクシ科
スノードラゴン
キジカクシ科
白竜
キジカクシ科
フイリヤブラン
キジカクシ科
コクリュウ
キジカクシ科
タマリュウ
キジカクシ科
ノシラン
キジカクシ科
ヤブラン
キジカクシ科
ニューサイラン
キジカクシ科
ジャノヒゲ
キジカクシ科 リュウノヒゲ

人気記事

アキランサス
ヒユ科
植えてはいけない植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
繁殖力が強い植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
9月のシクラメンの管理・手入れ
シクラメンの管理
カランコエ
ベンケイソウ科
スポンサーリンク