ペチュニア・カリブラコアの栽培の注意点…ポイントとなる霜・連作障害・苗や鉢の大きさをまとめ

TOP > ナス科 > カリブラコア > ペチュニア・カリブラコアの管理 > 更新日

ペチュニア・カリブラコアの栽培の注意点

ペチュニア・カリブラコアの栽培の注意点
文章の修正概要
このページではペチュニアカリブラコアの栽培の注意点をまとめています。基本的な栽培方法はペチュニアカリブラコアを参考にしてください。ここは少し突っ込んだ内容になっています。
まとめ
●苗は霜が降りなくなってから植える。
連作障害が起きるので同じナス科を植えた場所には植えない。新しい土で植える。
●ちょっと高いブランド苗がおすすめ。
●よく生育するので大きな鉢に植える。
●雨に弱いので軒下で。雨に強い品種もある。
●梅雨の長雨で葉っぱが溶けるので梅雨は軒下で。
●夏の暑さには強いとされるが35度以上で生育が止まり、枯れることもある。水切れが起きやすいので半日陰に移動させることも考える。
●台風のときはできるなら室内へ。
●冬越しもできる。ダメ元でやってみては?
●ペチュニアはベトベトしているがこれで虫除けしている。

スポンサーリンク

全てのテキストを開けたり閉じたりできます

 

植え付けの注意点

霜が降りなくなってから植える!

植え付けの注意点
文章の修正植え付け時期
無難なのは5月以降。多少遅くてもペチュニアは生育が早いので気にしないでもいい。4月でも植え付けは可能だが、地域によって・年によっては霜が降りることがあって、霜が降りると枯れる。鉢植えだと移動させられるが、庭植えだと移動できないので霜が来るなら霜よけをする。

連作障害に注意

文章の修正連作障害に注意
ナス科の植物(ナス・トマトカリブラコアなどなど)は連作障害が起こります。去年、ペチュニアを含むナス科の植物を植えた場所にペチュニアを植えたり、同様にナス科の植物を植えたプランターの土を去年のままに苗を植えると、連作障害を起こして成長が阻害されます。
新しい土で植えるか、庭植えする場合は別の植物を一年ごとに交互で植えるなどして連作障害を避けてください。
鉢植えやプランターまで変える必要はありませんよ。土だけです。
●連作障害を起こすと、虫が付いたり成長が著しく遅くなるのですが、枯れないために問題に気づかなかったり、「不良品の苗」と思いがち。近所のペチュニア・カリブラコアと見比べてみましょう。
●半年に一回、新しい土に植え替えをすることで連作障害を防ぐことも出来るらしい。越冬+連作障害対策で、育て続けることも出来る。でも、それより毎年苗を買い替えたほうが安上がり。
●庭の土に腐葉土堆肥を3割か4割ほど混ぜるとかなり連作障害を緩和できるが、お金もかかるし、そこまでして毎年ペチュニアなどのナス科植物を植え無くちゃいけないってことはないので、植物を入れ替えて育てるべき。

ブランド苗

文章の修正高いブランド苗がオススメ
80円前後の安い苗より300円以上の苗を植えた方が、大きく成長します。その差は歴然。同じペチュニアとは思えないくらいです。ガーデニングの熟練者ほどその違いを知っているので、高いブランド苗を買います。これはペチュニアに限らず他の植物でもです。同時期の花材のインパチェンスのブランド苗もオススメです。
●品種の差も大きいが、同じ品種でも個体差がある。特に栄養系でない場合は個体差が大きい傾向がある。栄養系は品質が安定している。

参考挿し芽で増やすことも可能です。
ペチュニア・カリブラコアを挿し芽で増やす

大きな鉢に植える

文章の修正大きめの鉢に植え替えましょう
植え替えは大抵の植物は「一回り大きな鉢に」植え替えるというのが基本ですが、ペチュニアの苗は4月5月の時点でポットに対して三回りくらい大きな鉢、それも少し背の高い鉢がおすすめです。大きな鉢を使うのは生育旺盛ですぐにわーっと大きく広がりあっという間にはみ出すほど成長するからです。少し背の高い鉢を使うのは、成長しすぎて鉢のふちからはみ出た枝葉が少し垂れ下がってくるからです。植え替え直後に大きな鉢の中央にちょこんとおさまった一株のペチュニアがあっという間に鉢からはみ出るほど大きく生育し山盛りの花を毎日咲かせる様は見ものです。
●根は少しほぐすと根が広がりやすい。
●直径30cmの鉢でも昨今の温暖化の夏の暑さで水切れし、朝夕の水やりでも追いつかないかもしれない。できるだけ大きな鉢に植えること。出来るのであれば庭植えする方が好ましい。庭植えする場合は連作障害に注意する。
●プランターでも育てられますが、65cmのプランターに3つか2つの株を植えると、土が不足して夏に水切れを起こします。直径30cmの鉢に1苗がよいです。どうにもプランターに植える場合は、出来るだけ大きなプランターにして苗は2つにしてください。
●基本的にはプランターには植えないほうがいい。土が足りないので。
●1鉢に二色・三色を植えると綺麗だけど根詰まり必須だし、生育速度に差があると変な感じになる。そういう鉢植えは売ってるけど。1鉢1苗が基本。

雨に弱い

雨に弱い
文章の修正水に弱い
花に水が掛かると花が傷んでしぼみますので、土にそそぐようにして花に水が掛からないように水をやると良いです。ですが水やりで傷む以上の勢いで毎日咲き乱れますので、気にせず上からバシャーっと水をやってもかまいません。

また、雨にあたると色が滲んで汚くなります。これは雨が酸性のため。雨の当たらない場所で管理するか、水やり同様に気にしないか、雨に強い品種もあるのでそういう品種を植えるといいです。
●葉っぱに水をかけることでハダニの予防にもなるので、葉っぱに水をかける方がよい。

梅雨は雨の当たらないところで

文章の修正梅雨には注意
ペチュニアは育てやすく、丈夫なのですが、梅雨・長雨に過湿で傷みがちになりますので、もしも鉢植えで管理しているのでしたら、軒下に移動させたほうがいいです(枯れる訳じゃないのですが、あまりに長い雨に晒されると腐ってしまうことが…)。
逆に梅雨が終わって夏になると水分の蒸発が早いので、朝と夕方の二回、しっかりと水をやってください。
●生育が早くて、梅雨で多少ダメージを負っても取り返す。どちらかというと、水のやり忘れの方が多い。

夏の暑さと水切れ問題

夏の暑さと水切れ問題
文章の修正水切れ問題
暑さに強いとされるペチュニアでも、35度以上になると生育が止まり、弱りはじめます。温暖化のため、夏の温度が高くなり、また、水切れを起こして枯れやすくなっています。品種改良での品質の向上を温暖化が追い越しています。

置き場・地域によっては朝・夕に水やりをしても追いつかないことが増えています。水やりの頻度を増やすか、自動水やりを検討するか、半日陰に移動させるか、ペチュニアではなくポーチュラカ(非常に乾燥に強い)を植えるか、夏のガーデニングは避けて多肉植物観葉植物を室内で育てるようにします。
●ペチュニアはもとから夏の高温時期は開花が止まるものでしたが、水切れでここまで枯れやすいことはなかった。

台風

台風
文章の修正台風という意外な敵
台風で花や葉っぱがボロボロになることがある。が、復活が早いので多少のことは気にしない。ただ、大輪系の花びらがビリビリに破れて凹む。鉢植えであれば室内に取り込むといい。できなければツルを紐で縛って被害を抑えるようにする。

冬越しについて

文章の修正本来は多年草ですが一年草扱い
ペチュニアは本来多年草なので、冬越しも出来ないわけでは無いのですが、日光を必要としながら、寒さに非常に弱いために相当な気遣いが必要です。それより翌年新しい苗を買ったほうが楽です。普通は一年草扱いです。
●自生地である南米では多年草です。日本では一年草扱いの植物です。
●軒下で管理すれば越冬した…というのはよくある。ダメ元でやってみましょう。
●2019年の冬は暖冬だったため戸外の地植えでもペチュニア(カリブラコアじゃなくて!)が越冬して花を咲かせていた。
●北陸平野部の雪晒しでも戸外で越冬する。もちろん霜には当てない。寒さで縮むが枯れていなければ春には復活する。ただし品種によってはできないので、挿木を室内栽培して保険をかけるか、ダメ元の精神で挑む。

ベトベトする

文章の修正ベトベトする
ペチュニアはベトベトの液を出して害虫避けをしている。なので病気ではないです。このベトベトのおかげでアブラムシなどが発生しにくい。ペチュニアはベトベトするがカリブラコアにはベトベトがない、そのかわりにカリブラコアはペチュニアよりは害虫が発生しやすい。

関係記事・人気記事

カリブラコア

カリブラコアカリブラコア
ナス科
(カリブラコア属)

カリブラコアの育て方(詳細解説版)

カリブラコアの育て方(詳細解説版)カリブラコアの育て方(詳細解説版)
ナス科
(カリブラコア属)

シャルウィダンス

シャルウィダンスシャルウィダンス
ナス科
(カリブラコア属)

カプリッチオネオ

カプリッチオネオカプリッチオネオ
ナス科
(カリブラコア属)
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用