アガスターシェの育て方

TOP >シソ科>>管理

アガスターシェ(アガスタケ)

アガスターシェ
科名シソ科
属名カワミドリ属
学名Agastache
別名アガスタケ
水やり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. アガスターシェの特徴は?
  2. 種類・仲間
  3. 水やり
  4. 肥料
  5. 植え付け・植えかえ
  6. 管理場所・日当たり
  7. 剪定
  8. 病気・害虫
  9. SNSボタン・関連記事

アガスターシェの特徴は?

文章の修正アガスターシェはアメリカに自生するシソ科の常緑多年草宿根草)、もしくは一年草扱い

初夏〜秋にたくさん開花し、地上部がなくなって越冬して春に芽吹いてまた開花します。元がハーブなので、乾燥させてポプリにもできます。寒さにも暑さにも強く、冬に地上部が枯れても根まで枯れていなければ、春にはまた芽を出して花を咲かせてくれます。

花が咲いた後に切戻すと、脇芽が出て花がたくさん咲きます。こぼれダネでもよく増えます。アガスターシェは草丈が60cmくらいものから1m以上になるなど草丈の範囲が広い。植える場所は後ろの方になります。
スポンサーリンク

種類・仲間

アニスヒソップ

種類・仲間
文章の修正アガスターシェ・フォエニクルム(アニスヒソップ・Agastache foeniculum)はすっとするハーブでハーブティーにも利用可能です。ジャイアントヒソップとも呼ばれ、草丈が高くなります。草丈は40cm〜100cm。耐寒温度はマイナス5度で関東南部と以西であれば戸外で越冬できます。
アニスヒソップ苗の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

メキシカンヒソップ

文章の修正アガスターシェ・アウランティアカ(メキシカンヒソップ・Agastache aurantiaca)は、花の形状がアニスヒソップとは違い、サルビアにも似ている種。少し寒さに弱く、耐寒温度は0度〜5度くらいで、関東では戸外での越冬は厳しいので鉢植えにして冬は室内に取り込みます。草丈は30cm〜90cm。

カワミドリ

文章の修正カワミドリ(Agastache rugosa)は日本に文字性するアガスターシェの種で、寒さにも強く、北海道から九州までに自生していて、戸外での越冬も問題なく可能です。葉をサラダやハーブティーに使えます。コリアンミントとも呼ばれます。草丈は40cm〜100cm。漢方では霍香(カッコウ)と呼ばれます。

ブラックアダー

文章の修正アガスターシェ・ルゴサ・ブラックアダーはカワミドリなどのとの交配種で、寒さにも強く戸外で越冬可能です。
アガスターシェブラックアダーの購入はこちらから
Amazon
楽天市場

水やり

文章の修正鉢植えの土が乾いたら、鉢底から水が出るくらいに、水をしっかりとやってください。受け皿に水が溜まっていたら水は捨ててください。

アガスターシェは多少ジメジメしている状態を好みます。ところが園芸品種は乾燥状態に管理すると花が咲きやすいです。

庭植えの水やり

文章の修正庭植えにした場合は、自然に降る雨だkでほぼ大丈夫で、夏によほど日照りが続かない限りは水やりは不要です。冬は雨が当たっているなら、水やりしないでいいです。

肥料

肥料
文章の修正アガスターシェは花が非常によく咲き、また長期間咲くので肥料を切らさないようにします。肥料が切れると花も止まりますし、株の成長も鈍くなります。植え付け時の肥料は1ヶ月で切れるので、その後は必ず追肥します。

開花する時期は一か月に一回緩効性肥料をやるか、一週間に一回は液体肥料をやってください。

植え付け・植えかえ

時期・頻度

文章の修正春か秋に植え替え・植え付けをします。鉢植えは2年か3年に一回、植え替えをします。

用土

文章の修正水はけのよい土を好みます。市販している花と野菜の培養土を使用するか、自作する場合は赤玉土6に腐葉土4を混ぜたものを使います。ハーブ用の土でもかまいません。

鉢植え

文章の修正鉢植えの底の穴を鉢底ネット(鉢底網)で塞いで、その上に鉢底石軽石)を2cm〜3cm入れて、その上に用土を入れて、株を入れて、隙間に用土を入れて、最後に水をしっかりとやります。

植え替えの際は土を落として、同じ大きさの鉢か、少し大きな鉢に植え替えます。植え替えの際に株分けも可能です。

庭植え

文章の修正深さ20cm〜30cmの穴を掘り、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、化成肥料を少量入れて、よく混ぜて用土とします。 穴に半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。

種まき・育苗

文章の修正種子から育てる場合は発芽温度は20度前後となっていて、ポットに数粒入れて水をしっかりとやって乾燥しないようにうると一週間ほどで発芽します。種は暖地なら秋まきでもいいが、春まきが無難。
挿し木・株分けでも増えます。
種子は大量に出来る。環境が合っているとこぼれダネで勝手に増ます。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
文章の修正日当たりを好みますので、鉢植えなら春と秋はできれば日当たりで管理します。庭植えの場合は、日当たりか半日陰に植え付けます。

夏越し

文章の修正夏の暑さには強いですが、それでも真夏の直射日光に元気がなくなることがあります。元気がなくなるようなら半日蔭に移動させてげてください。とっても、日当たりでずっと管理していても枯れたりはしないです。ただ葉っぱの色が薄くなりますし、鉢植えだと水切れが起きやすいので、半日陰で管理した方がいいです。
●夏に西日が当たる場所は避けた方がいいです。
●流通している園芸品種は夏の暑さに強く、また乾燥に強いです。園芸品種は乾燥気味を好み、乾燥気味の方が花がよく咲きます。

越冬

文章の修正ある程度大株になると冬の寒さに耐性が出てきますが、小さな苗だと冬は室内で管理が必須です。春に育て始めて夏を越した株ならば十分な大株で、寒さには強いです。

戸外で越冬するかどうかは種・品種によります。アウランティアカ系は寒さに弱いので、鉢植えで室内管理し、アニスヒソップはマルチングして凍結を避けましょう。他の種については寒さに強いので防寒の必要はないです。

剪定

剪定
文章の修正花が一段落したら、株全体を半分ほどに切り戻します。切り戻すと、1ヶ月半ー2ヶ月で盛り返して開花します。

花が咲き、結実し、種がおちると、こぼれダネで株が増えるのですが、親株の性質をそのまま引き継がず、香りがどんどん鈍くなっていくので、種は残さないようにした方がいいです。花が結実する前に、刈り取り、花がしぼんだら摘み取るようにしましょう。

冬の剪定

文章の修正冬に寒さに枯れ込んできたら、地際でバッサリと刈り込んでおきます。放置していると、邪魔ですし、土が凍結する地域はマルチングしないといけないので、刈り込んでおくといいです。

病気・害虫

文章の修正ウドンコ病ハダニが発生します。乾燥して、風通しが悪いと発生しやすいので、葉茎をさばいて風を通すことで予防もできます。発生したら薬剤を使って対応しましょう。文章の修正育てやすい蜜源植物で、虫(蝶・蜂)を寄せます。バタフライガーデンを作りたいなら、他の蜜源植物をまとめている以下のページを参考にしてください。
蜜源植物
ガーデニング知識(上級編)

その他のハーブについては
越冬できるハーブ
ガーデニング基礎知識(中級編)多年草・宿根草のハーブの一覧
一年草のハーブ
ガーデニング基礎知識(中級編)
とハーブティーに適したハーブについては
ハーブティーにできる家庭菜園で育てやすいハーブ
雑記
を参考にしてください。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

シソ科
コリウス・ニューゴールド
シソ科コリウス属
オルトシフォン・ラビアツス
シソ科オルトシフォン属
バロータ
シソ科
プレクトランサス・モナラベンダー
シソ科プレクトランサス属
ペニーロイヤルミント
シソ科ハッカ属
コリウス・レッドヘッド
シソ科コリウス属
オレンジミント
シソ科ハッカ属
フレンチラベンダー
シソ科ラバンデュラ属
スポンサーリンク