スノーフレークの育て方

MENU
TOP>ヒガンバナ科>スノーフレーク
スポンサードリンク

スノーフレーク(大待雪草・鈴蘭水仙)

スノーフレーク
科名ヒガンバナ科
学名Leucojum
別名大待雪草・鈴蘭水仙
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


見た目が繊細な割りに丈夫な植物。スイセンのような細い葉っぱに、スズランのような花を咲かせます。花が終わると種をつけます。種をつけると株が栄養を種にまわしてしまいますので、できれば終わった茎ごと花を摘んでしまいましょう。

生育サイクル
秋に球根を植え、冬を越して春に花が咲き、夏以降は葉っぱが枯れてしまいます。場合によっては、葉っぱがなくなった休眠期に土から掘り出して、秋に植え替えをしますが、普通はこのまま数年間は植えっぱなしです。

葉っぱが黄色くなったら取る
葉っぱが枯れたら、葉を取り除いてください。逆に言うと、葉っぱが枯れてこないうちは葉っぱを刈らないでください。葉っぱが光合成をして、その養分を球根に溜め込むので元気な葉っぱを切ると翌年の生育が悪くなります。
スポンサードリンク

水やりと肥料

秋に芽を出してからは土が乾いていたら水をしっかりとやります。乾燥していないうちに水はやらないでください。冬も同様に水遣りをし、春以降は土が乾かないようにまめに水をやってください。夏になると地上部が枯れて休眠します。休眠している間は水をやらないでください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

生育すると球根に小さな球根が出来てそこからも葉や茎が出て花が咲き、株全体が生育します。しかし、球根が密生すると花つきが悪くなりますので、庭植えであっても、数年に一回、夏の葉が落ちる休眠期に掘り上げて、9月に株分け・植え替えをします。

用土
一般的な土でOK.市販されている花と野菜の土か、赤玉土腐葉土3を混ぜたものを使います。酸性を嫌う品種もあるらしいので、庭に植える場合は植え付けする二週間前に石灰を撒いて中和させておきます。

●球根同士は10cm開ける。株は密生したほうが綺麗だが、あまりに密生すると花付きが悪くなる。
●庭植えの場合は球根の頭が地表から5cm下になるように植える。
●鉢植えの場合は、球根の頭が地表すれすれになるように植える。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日向が好ましいですが、半日陰くらいならば十分育ちます。乾燥に若干弱く、庭植えした場合でも、水を適度にやらなくてはいけませんが、水遣り以外は放置していても毎年、花を咲かせます。

寒さには強い
寒さには強く防寒の必要はありません。夏になると地上部は枯れます。
●夏の暑さにも強いです。

その他

モザイク病
モザイク病にかかることがあります。モザイク病は葉っぱにマダラ模様が出来る病気。ウィルスが原因で農薬でもきかず、そのマダラになった葉っぱを切除しても手遅れ。ウィルスは簡単にそばの株に感染するので、その株はすぐに焼却処分にします。

特徴・由来・伝承

ヒガンバナ科の球根植物。白いスズランに似た花を咲かせることから、スズランスイセンという別名も。ヒガンバナ科の植物なので、基本的に頑健。球根には毒がある。

オーストラリア・ハンガリーなどに自生する植物。花がスズラン、葉っぱがスイセンに似ていることから和名はスズランスイセン。

スズランと花が似ていますが、スノーフレークの花の縁には緑の模様があります。
スノードロップとは別属の別種。スノードロップは草丈が10cm-20cmと低い。スノーフレークは30cm-40cm。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

スノーフレークの関連記事

スノーフレークの日記

ヒガンバナ科の仲間


ヒガンバナ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用