ダンギクの育て方

MENU
TOP>クマツヅラ科>ダンギク
スポンサードリンク

ダンギク(段菊・カリオプテリス)

ダンギク
科名クマツヅラ科
属名カリオプテリス属
学名Caryopteris incana
別名段菊・カリオプテリス
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

春に種を撒くか、生育期間内に植えておくと、夏に花が咲き、秋まで楽しんだ後、冬は地上部が枯れます。寒冷地で無ければ、根は生きているので、春にはまた芽を出し、夏には花が咲く、というサイクルを繰り返します。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をやります。ダンギクは乾燥させないことがコツ。西日に当たって乾燥したり、水切れが起きると株が弱ってしまい、花つきが悪くなります。
土が乾いていたら、たっぷりと水をやり、鉢底から水が出るほどやって下さい。

肥料はあまり必要ありません。生育期間の間、薄い液肥をあげるか、4月に緩効性の固形肥料を根本に撒いてやります。もしも花と野菜の土で植えた場合はその年は肥料は要りません。肥料が多いと株が弱くなります。またチッソばかりに肥料をやると葉が茂っても花が付かなくなったり、花色が鈍くなります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

酸性の土を好みます。市販の花と野菜の土に鹿沼土を3割ほど混ぜて酸性にしてから植えるか、鹿沼土と赤玉土腐葉土を同量ずつ混ぜて植え付けをします。

基本的には苗を春から夏に掛けて植えます。もしくは昨年の種を取っておくか、購入するかして撒きます。宿根で関東でも戸外で越冬しますので、種を取っておくまでするのはあまりしません。

管理場所・日当たり

日当たりを好みます。日当たりが悪いと花つきが悪くなり、徒長します。ですが、あまりに日当たりがよく乾燥しすぎると弱ってしまいます。特に西日で乾燥すると弱ります。

冬は地上部が枯れ、根で冬を越すのですが、寒冷地で土が凍るような地域であれば、根が枯死してしまいます。寒い地域では鉢植えにして冬は室内で越冬させます。関東であれば、冬は戸外で大丈夫です。冬は地上部が無いのですが、乾燥させると枯れますので、たまに水をやってください。

特徴・由来・伝承

ダンギクは菊ではなく、クマツヅラ科の植物。ボール状の花の塊の中から茎を伸ばし、またその先にボール状の花を咲かせるという、団子を串刺しにしたような形状の独特の花を咲かせます。
鮮やかな青紫が夏には涼しげで、育てるのも簡単。毎年咲く宿根草です。ピンクや白の花のダンギクもありますが、やっぱり青紫が人気です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

クマツヅラ科の仲間


クマツヅラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用