コルチカムの育て方

MENU
TOP>ユリ科>コルチカム
スポンサードリンク

コルチカム(イヌサフラン)

コルチカム
科名ユリ科
学名Colchicum autumnale
別名イヌサフラン
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


生育サイクル
夏に植え付け、秋に花が咲き、花が咲いたあとに葉っぱが出て日を浴びて生育して、冬を越し、春を越し、梅雨以降になると休眠する。というサイクルを繰り返します。
まとめ
●土に植わってなくても花が咲く。でも、球根が弱るので植えたほうがいいです。
●水をやりすぎないようにしましょう。
●寒さにも強いので、掘り起こさないても良い。植えっぱなしでも大丈夫。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をやります。水をやりすぎると腐ってしまいます。
空気栽培でも水を
コルチカム(イヌサフラン)は秋になると土に植わっていなくても花を咲かせる性質があり、窓辺に球根だけを飾ることが出来ます。水も不必要とされますが、そのまま野ざらしにしているとさすがのコルチカムの球根もシワシワになってしまいます。そこで霧吹きで球根に水を吹きかけて給水してあげてください。
追肥として4月と10月に
地植えにした場合は、暖かくなる4月と花が終わった10月に粒状の肥料をあげてください。
葉っぱがあるうちは液肥を
鉢植えの場合は秋~春にかけて葉が生えているうちは二週間に一回、液肥をやってください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている培養土(花と野菜の土)に川砂を二割ほど混ぜてから植え付けをします。土質は選びませんが、庭植えにする場合であまりに水はけが悪いようであれば、川砂を混ぜて水はけをよくします。
植え方
球根を植えつける深さは10センチ程度か、球根の頭が隠れる程度の深さです。
よく分球します
よく育ち、分球(球根が分かれて株が増える)しますので、地植えでも二年か三年に一回は、掘り起こして球根を分けます。鉢植えの場合は毎年植え替えをします。

空気栽培というのも
コルチカム(イヌサフラン)は秋になると、土に植わっていなくても花が咲くという非常に特殊な性質があります。カゴや何か器に入れて鑑賞するというほかの植物ではない楽しみ方があります。ただし、花が終わったらすぐに土に植えないと、翌年は花が咲きません。

植えっぱなしでOK
5月か6月には葉っぱが黄色く変色して、枯れて休眠します。掘り上げて風通しのよいところで管理するとよくいわれますが、面倒なのでそのまま植えっぱなしで構いません。鉢植えの場合は、乾燥しきらないように水をやらないとけないのですが、なにせ地上部が全く無いので、忘れてしまいやすいですので気をつけましょう。庭植えの場合は、そのまま植えっぱなしで降雨だけで水やりも不要です(ただし日照りが続くなら水を)。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

植え付け・鉢植え、どちらの場合も日当たりで管理します。葉っぱが生育するのは秋、冬、春の間です。冬の寒さには強く、真冬でも防寒の必要はありませんが、土が凍結するようであれば、株元に腐葉土をかぶせておきましょう。
真夏は休眠するので直射日光の心配は不要
外国産の植物は真夏の直射日光に弱い傾向がありますがコルチカム(イヌサフラン)に関しては真夏は地上部が枯れるので、そのままでも構いません。

特徴・由来・伝承

別名イヌサフラン。ですが、アヤメ科のサフラン――黄色い色が出るスパイス、カレーの黄色の元――とは全くの別種であるどころか、毒草。誤って食べてしまうと中毒死することも。

球根を土に植えていなくても秋になると花が咲き、葉っぱはその後で出てきます。花は土に植えていなくても開花するので、花が終わった後で土に植えても成長に問題は無い。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ユリ科の仲間


ユリ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用