アマドコロの育て方

MENU
TOP>ユリ科>アマドコロ
スポンサードリンク

アマドコロ(イズイ・ギョクチク)

アマドコロ
科名ユリ科
属名アマドコロ属
学名Polygonatum
別名イズイ・ギョクチク
みずやり水控え目
場所外の日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

見た目が似ていて同属のナルコユリとほとんど区別が付きません。育て方はナルコユリと同じです。ナルコユリに似ていますが、アマドコロの茎は多角形で角ばっているのに対して、ナルコユリはほとんど円柱と違いはありますので、見分けることは出来ます。

多年草。日本自生の植物なので、手がかからず、毎年増えていきます。冬の間は地上部が枯れて休眠します。

たまに斑入りのアマドコロをナルコランとして販売していることがあるらしいです(そんなの見たこと無いですが)。

水やりと肥料

地面が乾いたら水をタップリとやってください。地植えにした場合は、植え付け直後に水をしっかりとやったら、日照りや極端な乾燥が無ければ、降雨だけで十分です。水をやる必要はありません。

肥料は、春と秋に固形肥料を与えてください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販の土で植えつけてもOKですが、水はけのよい土を好みます。赤玉土4 腐葉土2 軽石か川砂4を混ぜたもので植え付けをします。市販の土で植えつけた場合は、水やりを控えるなどして調節してください。

頑健で毎年増えていきますので、これといったことはしなくても大丈夫です。

管理場所・日当たり

自生する場所は林の中の木の根元などです。直射日光の当たらない場所が適しています。日当たりよりは半日陰や明るい戸外の日陰がアマドコロには向いています。

水はけの良いやや乾燥気味の場所を好みますが、少々のことは気にせず繁殖します。

特徴・由来・伝承

日本に自生する植物。

ナルコユリに葉っぱが似ている。茎が角ばっている(…ものの本には稜があると書かれています)。

茎や根に甘みがあって、滋養強壮の効果がある薬草とされていますが、民間療法的な意味合い。乾燥させたものは「イズイ」とか「ギョクチク」と呼ばれる。

根が山芋の一種「野老(ところ)」に似ていて、甘みがあるので「アマドコロ」と呼ばれる。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ユリ科の仲間


ユリ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用