クッションモス(セラギネラ)の育て方

TOP >イワヒバ科>>管理

クッションモス(セラギネラ)

クッションモス
科名イワヒバ科
属名イワヒバ属
学名Selaginella
別名セラギネラ
水やり水を好む
場所冬は室内 夏は外
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. クッションモスの育て方
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え替え
  5. 管理場所・日当たり
  6. 病害虫
  7. 特徴・由来・伝承
  8. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

クッションモスの育て方

文章の修正クッションモス(セラギネラ)はイワヒバ科イワヒバ属のシダ植物の仲間。強い光に当たると葉っぱが枯れ込んだり、葉焼けして黒く変色するので、年間を通して直射日光を避けます。夏の暑さと蒸れに弱くて、夏に枯れてしまうことがほとんどです。上手く夏を越せば、冬は比較的越しやすいです。
スポンサーリンク

水やり

文章の修正春と秋の水やり
土が乾いていたら水をしっかりとやります。クッションモス(セラギネラ)は乾燥に弱く、土が乾燥しないようにマメに水をやります。

夏の水やり

文章の修正特に夏の高温と蒸れ・乾燥に弱いです。夏は必ず風通しのよい日陰へと移動させて、水をやってください。夏は水切れを起こしやすいので、土が乾き切る前に水をやるくらいでもいいです。水やりは土へやってください。夏に葉っぱに水をかけると、蒸れて腐ってしまいます。葉っぱを持ち上げて土へ水やりをします。口の細いジョウロがあるといいです。
●乾燥に弱いと書いていたり、蒸れに弱いと書いたり…矛盾しているようですが、根本的に日本の気候にあってないんですよね。

冬の水やり

文章の修正冬は生育が鈍くなりますので水を控えます。土が濡れている間は水を控え、土が乾いてから水をやるようにします。水を控えすぎて、土の中まで乾燥し切らないように水をやってください。

肥料

文章の修正クッションモス(セラギネラ)はあまり肥料は必要としていません。肥料が多いと生育が悪くなったり、枯れることもあります。春(4月〜5月)と秋(9月〜10月)に薄い液肥をやってください。夏は肥料はやらないでください。
液体肥料の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

植え替え

時期と頻度

文章の修正植え替えは春
鉢底から根が出ているようならば、植え替えをします。二年に一回は植え替えをしましょう。植え替えは春(4月〜5月)に行います。生育するこの時期に植え替えるといいです。秋もいいですが、回復するまでに冬が来るので春がいいでしょう。株分けも可能です。

用土

文章の修正観葉植物の土にピートモスを二割混ぜたものを使います。観葉植物の土ではなく「山野草の土」を代わりに使ってもいいですが、観葉植物の土の方が腐葉土が少なくて匂いが抑えられていますので、室内管理が多いクッションモス(セラギネラ)はこの観葉の土を基本にした配合がいいでしょう。自作する場合は赤玉土5ピートモス(ベラボンかココピートでもOK)5といった組み合わせがいいです。
観葉植物の土の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
ピートモスの購入はこちらから
Amazon
楽天市場
ベラボンの購入はこちらから
Amazon
楽天市場
ココピートの購入はこちらから
Amazon
楽天市場

鉢植えの手順

文章の修正古い鉢から株を取り出して、根をほぐして、古い土を半分ほど落とし、傷んだ変色した根をハサミで切り落としてください。新しい鉢は同じ大きさの鉢か、ひとまわり大きな鉢にします。新しい鉢の底の穴を網で塞いで、その上に土が流れ出ないようにするための軽石を2cm敷きます。その上に用土と株を入れて、隙間に用土を入れて、最後にしっかりと水をやります。

株分けも可能です。根をほぐして適当に二つか三つに分けて別々の鉢に植え替えます。
鉢の大きさ(号)と土の量
雑学
鉢底網の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
鉢底石の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

管理場所・日当たり

文章の修正年間を通して直射日光を避けます
クッションモス(セラギネラ)は直射日光に当たると葉っぱが茶色く変色して枯れてしまいますので、室内でも戸外でも日陰かカーテン越しの日光に当たる程度にします。クッションモス(セラギネラ)は耐陰性があり、多少の日陰は問題ないんですが、完全な日陰(例えば室内の暗いところとか)では枯れてしまいます。
シダ植物は林の中の木の下で茂っているところをイメージするとわかりやすいでしょう。強い日光を避けますが、木漏れ日が差すか、明るい日陰の場所ですね。
室内と戸外での日光量の違い
ガーデニング基礎知識・雑学
を参考にしてください。

夏の管理場所

文章の修正夏は特に高温になり、蒸発が激しくなり、日光も強くなります。クッションモス(セラギネラ)には厳しい環境です。水切れしないようにし、風通しの良い日影で管理してください。室内でもいいですが、室内で管理するときは、クーラーの風が当たらないようにします。風が直撃しなければいいです。直撃しなくても空気が乾燥するので、葉水をやって乾燥を防ぎましょう。

越冬

文章の修正冬は凍結しないよう
クッションモスの耐寒温度は0度と、比較的寒さには強い方ですが、霜や凍結にあうと枯れてしまいます。戸外なら日陰の軒下。室内ならばカーテン越しの日光に当たるような場所で管理します。

病害虫

文章の修正ハダニ
ハダニは乾燥すると発生しやすいので、水やりをしっかりとやることで予防できます。
ハダニ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ

特徴・由来・伝承

文章の修正イワヒバ科の植物。クッションモスという名前は流通名で、セレギネラが学名です。クッションモスという名前はなかなかピッタリ。モコモコしていて、鉢の縁から溢れるように植えてあるとかわいらしいです。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

レインボーファン
イワヒバ科イワヒバ属
セラギネラ
イワヒバ科
スポンサーリンク