枯れた――葉が黄色くなったら…シクラメンの場合

MENU
TOP>トラブル>枯れた――葉が黄色くなったら…シクラメンの場合

シクラメンは徐々に


シクラメンの葉っぱが黄色くなる理由
●日光不足
●気温が高い(20度以上)
●寒すぎる(5度くらい)
肥料不足
スポンサードリンク

日光不足

日光不足はもう仕方が無い
冬に購入したシクラメンを管理する上で大事なのは、まずは「温度」気温が20度以上だとグッタリし、5度以下でも枯れる。そこで10度前後の場所を探して管理すれば、長く楽しめます。それでいて日当たりがいいと良いですが、そんな都合のいい場所がある家はむしろ少数派。

シクラメンを楽しむにはまずは、気温、次に日光。この優先順位は崩れません。となると長く管理しているとどうしても「日光不足」に陥ります。ある意味で徐々に葉っぱが黄色くなってくるのは必然です。この回復方法は日光に当てることしかありません。
解決方法
春を待って、暖かくなったら、寒すぎず暖かすぎない場所に移動させてください。

気温が大事

気温に注意
20度以上、5度以下でぐったりとします。
参考
シクラメンがしおれたら

肥料不足について

土が古くなったり、肥料が不足しても、元気がなくなります。出来れば毎年秋に植え替えをします。購入直後の土には十分な肥料があります。薄い液肥をやると開花が増えますが、追加の肥料はほとんど不要。

それ本当に枯れてますか?

シクラメンは気温の高い時期は葉っぱを落として休眠状態で過ごします。なので特に問題がなくても、休眠時期になると、葉っぱは黄色くなって落ちていきます。

夏越しに関しては以下を参考に。
シクラメンの夏越し、来年も咲かせるコツ

スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

トラブルの仲間


トラブルの仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用