不夜城の育て方

MENU
TOP>アロエ科>不夜城
スポンサードリンク

不夜城

nophoto
科名アロエ科
属名アロエ属
学名Aloe nobilis
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

食べないで
健康食品として有名なアロエ・アロエベラの品種。食用の品種ではないので、食べるのはやめたほうがいいです。白い棘がハッキリと突き出ていて、痛いですが、これがこの不夜城の魅力です。
開花もする
トリトマに似た花を咲かせます。独特の雰囲気があって、嫌いじゃないです。

水やりと肥料

土が乾いたら水をやります。多肉植物の一種ですから、あまり頻繁に水をやると、根が腐ることがあります。基本的に頑健で、少々水をやり忘れたくらいでは枯れない。
肥料は適宜
春から夏に掛けて、液体肥料を二週間に一回か、月に数回あげると良く生育します。株の根元からニョキニョキと子株が生えて気安くなりますし、株自体もよく生育します。ですが、鉢植えの場合、根詰まりすると、植え替えをしなくてはいけませんし、大きく育ちすぎると管理が大変です。たまに、植え替えを繰り返して、大きな素焼鉢に植えているアロエがあって、これを冬に室内に取り込むときに腰を痛める――なんて悲しいことも。
肥料は無理にあげないでもいいです。
参考:大きすぎる鉢でギックリ腰に
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土水はけのよいものを用意してください。多肉植物の土、もしくはサボテン専用土を利用します。

よく生育してくると、根が張って、根詰まりを起こします。理想は春。ですが真冬以外なら植え替えは可能です。一回り大きな鉢を用意して土を落とさずに新しい鉢に入れて、新しい土を足してください。
庭植えもいける!
水はけがよくて、そこそこ暖かい場所なら、戸外でも生育します。問題は冬の寒さです。霜に一回くらい当たっても枯れませんが、何度か降りるなら枯れます。株が大きくなると耐寒性もあがり、雪にも霜にも負けなくなります。まーーー、最初から庭に植えるつもりで買うのではなくて、子株を育てて庭に移植する、とか、もうこの「不夜城」は不要だけど、庭に空いているところがあるから植えてみようくらいの気持ちで植えるのが精神衛生上にもいいかと思います。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日光を好む、冬は室内が無難
不夜城は日光を好み、日光が不足すると色合いが悪くなります。年中日当たりか、半日陰で管理するようにします。春から夏は室内か戸外の日当たりか半日陰、冬は室内の日当たりが無難です。
本来は霜に当たっても枯れませんが、地域によっては枯死しますし、枯れないまでも見た目も悪くなります。

環境に慣らそう
不夜城はアロエですから、日当たりにも強い!のですが、店内に長いこと置いてあった場合や、出荷したての不夜城に強い真夏の直射日光を当てると葉焼けすることがあります。また本来は少々霜に当たっても枯れないものなのに、冬に急に戸外に出すと一発で枯死することがあります。つまり、急に環境が変わると、症状が出ます。
まーある程度は諦める
冬に急に戸外に出すと枯れますので、さすがにこれは止めておきますが、夏に直射日光に当てると葉焼けするというのは、まぁ、あなたが我慢すれば済むこと。少々葉焼けくらいは仕方が無いと考えましょう。それか、葉焼けしない程度の場所(半日陰とか)で管理するに留めます。

特徴・由来・伝承

不夜城とはいい名前をつけてもらいました。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

不夜城の日記

アロエ科の仲間


アロエ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用