星美人の育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>星美人

星美人

星美人
科名ベンケイソウ科
属名パキフィツム属
学名Pachyphytum oviferum
みずやりたまにやる程度
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

開花時期は春。
徒長したら…
星美人は肥料が多かったり、水が多かったり、日陰だったりすると、ひょろ長くなってしまいます。こうなったら、延びた部分を切ってしまえば、残った部分から脇芽が出て小さくまとめられます。また切った部分は挿し芽すれば株が増えます。

水やりと肥料

水は控えめ
多肉植物であり、葉っぱの膨らみを見ても分かるように、水を溜め込む力が強いです。水やりの頻度が多いと、徒長(ヒョロ長)の原因となりますから、ほどほどにします。
春と秋は土がカラカラに乾いてから水をやります。鉢底から水が染み出すくらいにしっかりと水をやります。大きな鉢に植えていると、水が蒸発しづらくて、根腐れの原因となるので、欲張って大きな鉢に植えないようにしましょう。
夏も春秋と同様に水をやるのですが、あまりに高温になると星美人が元気が無くなってしまいます。このときは水を控えます。
冬は生育が鈍くなりますし、気温が低いために蒸発量も減ります。土がカラカラに乾いて数日経って水をやる程度にします。頻度としては一ヶ月に一回かその程度になります。
春から秋に肥料
春から秋の生育期に薄い液体肥料をやると、よく成長します。ただし肥料が多いと徒長(ヒョロ長)してしまって、不恰好ですし、折れやすいので、肥料は状況を見て控えるなどしてください。肥料が無いから枯れるということはありません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

サボテン・多肉植物専用の土を利用して植え替えをします。植え替えは二年か三年に一回程度です。植え替えるときに、「大きくなるから」と、大きな鉢に植え替えると、水が蒸発しきらずに根腐れの原因となります。特に冬に。鉢の大きさは現在の鉢より1号大きい程度にします。
葉挿しで増やす
プクプクした葉っぱは自然と落葉します。この葉っぱから発根し株が増えやすいです。人の手で葉挿し目的で千切ったものより発根しやすいです。根が出る部分が葉っぱに残るように綺麗に切れているからではないかと思います。手で千切ると葉っぱの根元の発根する部分が茎に残ってしまいやすいんです。
なので、無理に株を増やそうとするのではなく、自然と増えるのを待ったほうがいいかも。
自分で千切った場合は、サボテン・多肉植物用の土に挿して、水を一切やらずに発根を待ちます。

管理場所・日当たり

冬は室内へ
少々の雪・霜には負けない。枯れないが、冬は室内で管理するのが無難。
日当たりを好む
日光を好み、日当たりが悪いと徒長しやすいです。ヒョロ長くなると折れやすいなどいいことがないです。

特徴・由来・伝承


メキシコ原産のベンケイソウ科植物。多肉植物で葉っぱは水分を溜め込むためにプクプクしていて非常に愛らしい。月美人という品種がありますが、両者の違いはかなり曖昧で、違うっちゃ違うかもしれませんが、見分けはつかない。どちらが園芸品種なのかも(今となっては)分からない。本来は別々だったのに、流通するときに「星美人」で流通してしまって、混同したのか、交配して違いが曖昧になっていったのか? そこのところもよく分かりません。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用