ビバーナム・ステリーレの育て方

MENU
TOP>スイカズラ科>ビバーナム・ステリーレ

ビバーナム・ステリーレ(セイヨウカンボク・ヴィブルナム)

ビバーナム・ステリーレ
科名スイカズラ科
属名ガマズミ属
学名Viburnum
別名セイヨウカンボク・ヴィブルナム
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


日当たりで管理すれば基本的には放置で大丈夫です。大気汚染にも乾燥にも強く、日当たりが好ましいものの、比較的耐陰性もあり、多少日当たりが悪くても育ちます。
切り戻して大きくなりすぎないように
大きな木になるので、適当な大きさに育ったら、芽の先を切り落としてください。それ以上は大きくなりにくくなり、脇芽が出ては樹形がよくなります。
まとめ
●日当たりを好むが多少日当たりが悪くても問題はない。一般的には半日蔭で。
剪定は花が終わった直後にする。

水やりと肥料


庭植えの場合は
露地植えの場合で、雨があたる場所に植えれば、よほど乾燥することが無ければ、水遣りをする必要もありません。
鉢植えの場合は水切れ注意
鉢植えにした場合は、土が乾いたら水をタップリやってください。夏場はとても水が切れやすくなりますので、朝夕二回、水をやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている土で植えつけます。

管理場所・日当たり

日当たりが好ましいですが、半日陰のような場所でも育ちますので、半日陰に植えられることが多い木です。

剪定方法

ビバーナムは花が咲き終わってしばらくすると翌年の花芽をつけます。つまり、それ以降枝を剪定すると翌年の花芽も切り落としてしまうことになります。
花が咲き終わったら出来るだけ早く剪定を行いましょう。一般的な木の剪定のように、冬になり、葉っぱが落ちてから剪定をしていると来年花が咲きません。
●剪定は花が終わった直後
●若い枝の先に花がつくので、古い枝は落としていく
●剪定してもしなくても良く育ちますが、剪定すると花つきがアップ
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

オオデマリに似ているのですが、葉っぱの形が違います。ただ同じガマズミ属なので、違う品種と言ってもほとんど同じ性質を持っています。
●切花としても人気があり、ウェディングブーケにも使われますが、非常に水が下がりやすいので、気をつけてください。
●花も人気ですが、秋の紅葉も人気です。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

スイカズラ科の仲間


スイカズラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用