子持ち蓮華の育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>子持ち蓮華

子持ち蓮華(オロスタキス)

子持ち蓮華
科名ベンケイソウ科
属名オロスタキス属
別名オロスタキス
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

子持ち蓮華は「通称」というか「流通名」で、実は2種類の品種を指しています。ただ見た目もほぼ同じで、育て方もほぼ同じなので、ここでは「通称・子持ち蓮華」と呼ばれるものの育て方を書いています。

子持ち蓮華はランナーで増える多肉植物。プクプクとした質感をしていて非常に人気。冬は地上部が枯れてしまうのですが、春になるとまた芽を出しますから、捨てないように。

夏は青いですが気温が下がってくると赤く(というか茶色)になっていきます。
まとめ
●秋以降は茶色になる。
●冬と夏は水を控える。
●夏以外は日光にしっかりと当てる。夏は半日陰の風通しの良いところで管理。
●冬は地上部が枯れるが、春には芽吹く。
●育てやすい植物です。
●花が咲くと株が弱るので、花が咲く前に切る。

水やりと肥料

水やりは、やるときは鉢底から水が出るくらいにしっかりとやってください。これは土の中の排泄物や古い空気を洗い流す意味もあります。夏でも冬でもです。
春と秋は普通に水やり
春と秋は、土が乾いたら水をしっかりとやります。鉢底から水が出るくらいにです。土が濡れているうちは絶対に水をやらないでください。根が腐って枯れてしまいます。ベンケイソウ科の植物で葉っぱが肉厚ですから、水が無くて枯れるということはなかなかありません。
夏は水を控える
夏こそ水を欲しがるイメージを持ちがちですが、これが違う。子持ち蓮華は夏にはあまりの暑さで半分休眠状態になって、水も吸い上げません。だから水をしっかりとやっていると根腐れをおこして枯れてしまいます。夏は水を控え、葉っぱがシワになってきたら水をやる程度にします。完全な断水ではカラカラになって枯れます。あくまで「半分休眠」です。
冬も夏と同様
冬は寒さで休眠しますので、夏と同様に水を控えます。控えるのであって、断水ではありません。完全にカラカラにするとやっぱり枯れます。
肥料
肥料は無くてもいいです。肥料が多いと徒長(=ひょろ長くなること)して変になります。長く同じ場所(土)で育てていて、生育期にどうも葉っぱが黄色くなって、肥料不足以外考えられないとかそういうときだけでいいくらいです。それに子持ち蓮華は生育するより、小さくまとまる方が可愛いので、肥料は気にしない方がいいと思います。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えなどは多肉植物用の培養土を使います。
挿し穂でいくらでも増える
子持ち蓮華はわき目がポコポコと出てきますから、それを切って土に挿していると株が増えます。簡単に増えるので有り難みが全然ないです。
葉挿し、植え替え、株分けは春
葉挿しをする場合は、切った葉っぱを日陰で切り口が乾くまで1日か2日ほど陰干ししてから土に挿します。株分けをする場合、分けたあとに根を1センチほどに切っておくと、根が広がりやすいです。
葉挿し、株分けの適期は春です。

管理場所・日当たり


耐寒性があって多少の寒さは問題ありません。戸外で寒さに当てていると地上部が枯れますが、根まで枯死していないので春には芽を出します。子持ち蓮華は2年目から株がしまって可愛くなります。
●冬は葉っぱが枯れ込んできます。この枯れた葉っぱは、むしってあげてください。

夏は高温に気をつける
多肉植物というと暑さには強いと思いがちですが、子持ち蓮華は高温が続くと枯れ込んできたり、葉焼けします。半日陰の風通しの良いところで管理します。
春と秋は日光に当てる
春と秋は、繁殖力旺盛でランナーを伸ばして広がろうとします。これがちょっと可愛くない。ランナーが気持ち悪い(失礼)。これは日光が不足すると尚、ひどくなる傾向があって、しっかりと日光にあててやることで密度が高まってかわいくまとまります。
冬は寒さに強い
子持ち蓮華は本来、寒い地域の植物ですから、多少の寒さには枯れません。霜や雪でも大丈夫です。できるだけ日当たりで管理しますが、まぁ、寒さで地上部が枯れるものだと思えば、それほど日当たりは大事なことではないです。
多分、土が凍るとさすがに枯れると思う(ちょっと分からない)。寒冷地の冬は室内へ取り込むのが無難。
スポンサードリンク

その他

花は切る
花が咲くと株が弱りますので、ヒョロっと蕾が伸びてきたら切ってしまいます。

特徴・由来・伝承

脇芽が伸びて、そこから新しい株が増えていく様子が「コモチレンゲ」という名前の由来。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用