一年草

MENU
TOP>園芸用語>一年草

一年草・宿根草の誤解

よく宿根草か一年草かを気にしてホームセンターなどで苗を買われるのですが、苗のタグに書かれている「一年草」「多年草」「宿根草」は、自生地での性質であることがあって、日本の庭に植えた場合、タグ通りに生育するかどうかは微妙です。
夏のガーデニングの主役「ペチュニア」も自生地では多年草ですが、日本では春~秋に楽しむ一年草扱いです。

日本は季節の気温差が大きいために、冬越し・夏越しが難しいですからね。
スポンサードリンク

定義


一年草とは、一年で一世代を終える植物のことです。
例えば、春にタネを撒き、成長して夏に咲いて秋に枯れる、そんな植物です。宿根草に比べると、花つきが良く、生育スピードが速い傾向がありますので、日本のガーデニングに向いていると言えます。
多年草って
一年草に対して、花が咲き終わってもそのまま翌年のシーズンも同じ株が花を咲かせるものを「多年草」と呼びます。また、多年草のうち、冬に地上部が枯れても春にはまた芽吹くものを宿根草……というのですが…
多年草とか一年草とかあんまり気にしない
よく植物の苗のタグに「多年草」「宿根草」と書いてあるもんだから、毎年咲くのだと思っている人が多いのですが、アレはまー、あてにしない方が賢明です。
というのも、自生地で多年草であっても、日本では冬に枯れたり、夏に枯れる植物がほとんどです。仮に冬越し・夏越しが可能であっても、相当な上級者でないと出来ないなんてこともザラ。
それに一年草だから来年は咲かない、という訳でもありません。

翌年は咲かない?

一年草だから今年だけとは限らない
一年草の多くは花が咲いて種子を残して消えていきます。そのこぼれダネがまた来年、発芽して芽吹いて……ということがよくあります。各解説ページを参考にしてください。

要約

★一年で1世代が終わるもの
★翌年も咲くかどうかは植物による
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

園芸用語の仲間


園芸用語の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用