クロトン・アケボノの育て方

MENU
TOP>トウダイグサ科>クロトン・アケボノ
スポンサードリンク

クロトン・アケボノ

クロトン・アケボノ
科名トウダイグサ科
属名クロトンノキ属
学名Codiaeum variegatum
みずやり水を好む
場所日の当たる室内
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


クロトンは植物の中でも高温を好む種類なので、夏はいいのですが、冬は大抵ハラリハラリと葉っぱが落ちていきます。できれば冬場でも15度以上を確保したいところですが、そんなことは温室でも持っていないと不可能です。一般家庭では、水を控えて半休眠状態とも言うべき状態にして、時おり葉っぱに霧吹きをかけて乾燥を出来るだけ防ぐ努力しておくと、葉っぱが落ちても、春になれば芽が出ます。

あまりに寒くなる夜はホットカーペットの上に乗せてダンボールを掛けて毛布を掛けるという保温対策をしないといけないときがあります。

クロトン・キラセンのページも参考にしてください。

水やりと肥料

土が乾いたら水をたっぷりとやってください。春や秋に戸外で管理している場合は、ほぼ毎日です。土に触ってみて濡れているようであれば水はやらないでください。真夏になると気温があがり、蒸発量が増えますので、一日に二回、朝と夕方しっかりと水をやります。

冬は水を減らして乾燥気味に管理してください。土が乾いてから数日立って水をやる程度です。水が多いと根が腐って枯れてしまいます。冬は寒さに当たって葉っぱが落ちることがあります。でも、幹に霧吹きし、根に定期的に水をやっていれば春になれば新芽が出るかもしれませんので諦めずに水をやりましょう。

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢のソコから根がはみ出したり、水をやってもやっても水切れしやすくなったら、鉢の中に根がいっぱいになっています。大体二年に一回程度で植え替えをします。

用土観葉植物の土か、赤玉土6ピートモス3川砂1を混ぜたものを使います。ピートモスにしたのは腐葉土だと臭いからです。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

春と秋は戸外か室内の日当たりへ、真夏の直射日光に当たると葉っぱが焼けて変色してしまいます。真夏は戸外の半日陰か室内の明るい場所へ移動します。クロトンは熱帯性の植物です。春から秋に掛けてはそれほど問題ありません。他の観葉と変わりありません。

クロトンは10度以上で冬を越します。10度というと人が生活するリビングなどです。ここで管理するのですが、暖房が効いているので空気が乾燥します。しかしクロトンは寒さで成長が鈍っているので、乾燥しているからといって水をやると、根腐れを起こします。そこで冬は土への水やりを減らし、葉っぱや幹へ霧吹きを掛けて水分を補給してあげます。

その他

ハダニが発生します。ハダニは夏だけではなくて冬にも発生します。発生を防ぐためにも冬も葉水をしてやってください。

クロトンは葉っぱの細いものほど寒さに強く、葉っぱの平べったくて大きなたぴほど寒さに弱く葉っぱが落ちやすいといわれています。アケボノは比較的寒さに弱いので、冬の温度管理は地域によっては難しいです。

特徴・由来・伝承

クロトン・アケボノは日光を当てると紫色になっていきます。それが魅力ではあるのですが、嫌な人は半日陰か日陰へと移動させてください。

クロトンはマレー半島からオーストラリアの熱帯地方で生育する植物ですので、寒さに耐性が無く、戸外に出していて入れ忘れると、葉っぱが落ちて枯れてしまうこともあります。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

トウダイグサ科の仲間


トウダイグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用