フユシラズの育て方

MENU
TOP>キク科>フユシラズ
スポンサードリンク

フユシラズ(冬咲きカレンジュラ)

フユシラズ
科名キク科
属名カレンデュラ属
学名Calendula
別名冬咲きカレンジュラ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


秋に植え付けて、冬から春にかけて花を咲かせ、その後消えて無くなる一年草です。あくまでキンセンカ(カレンジュラ)の品種が「フユシラズ」であって、キンセンカ=フユシラズではないのですが、そう思っている人は多いです。
まとめ
●フユシラズはカレンジュラの寒さに強い品種。
●夏までには暑さで枯れる一年草扱い。
●マイナス15度からマイナス10度まで耐える。
●鉢植えなら土が乾いていたら水をやる。
●庭植えなら水やりは不要。
●追肥は基本的に不要。
●霜に当たっても枯れない。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をしっかりとやります。フユシラズは乾燥すると病気になりますので、極端に乾燥しないように気をつけましょう。土が濡れているうちに水やりをしていると根腐れします。庭植えの場合は、ほぼ水やり不要。
肥料
花が咲いている時期は液肥を月に二回か三回ほどあげると、花つきがよくなります。ただカレンジュラ(フユシラズ)はあまり肥料を必要としていないので、フユシラズに日光が当たっているのに、葉っぱが黄色くなっているようならば肥料不足かもしれませんので、液体肥料をやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き


秋に苗が出回るので、それを植えます。
用土
赤玉土7に腐葉土3を混ぜた土か、市販の土で植え付けます。フユシラズは酸性の土を嫌いますので、市販の土や用意した土を使わずに庭の土に植える場合は、石灰を混ぜて中和させてあげないと、生育が鈍くなります。
庭の土は掘り返して苦土石灰を混ぜて、一週間後に3割ほど腐葉土混ぜてから植え付けをします。
●市販の培養土は中性に中和してあるので石灰は不要。

鉢の植え方
鉢植えにする場合、鉢の底の穴に網を敷いて、その上に軽石を2センチか3センチほど敷いて、用土を入れて、その上に苗を置き、隙間に土を入れていきます。鉢を揺らすと隙間ができますので用土を入れて、隙間ができなくなるまで繰り返して、最後に水をやって完成です。鉢底から水がちゃんと出ているか確認してください。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりのいい場所で管理します。秋に植え付けて冬から春にかけて花を咲かせます。冬の寒さに強いのですが、あまりに寒冷地だったり、強い寒風が吹きぬける場所に植えると、葉っぱが痛むことがあります。
寒さには強いが暑さに弱い
耐寒温度はマイナス10度からマイナス15度あたり。寒さで枯れることはないです。しかし、高温に非常に弱く、夏には暑さで枯れてしまいます。

その他

ウドンコ病
アブラムシ・ヨトウムシが発生します。

特徴・由来・伝承

キンセンカ(カレンジュラ・カレンデュラ)の耐寒性の高いもの品種が「冬知らず」という名前で流通しています。少々霜に当たっても、雪をかぶっても、花を咲かせます。真冬では寒さに強いビオラ類も寒さのあまりに花が衰えてしまいますので、冬のガーデニングで重宝がられる人気品種です。

キンセンカとはフユシラズだ!と勘違いしている人も多いですが、性質が違いますので注意が必要です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用