コンロンカの育て方

MENU
TOP>アカネ科>コンロンカ
スポンサードリンク

コンロンカ(ムッサエンダ・ムッセンダ・ハンカチの花)

コンロンカ
科名アカネ科
学名Mussaenda
別名ムッサエンダ・ムッセンダ・ハンカチの花
みずやり水を好む
場所冬は室内 夏は外
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


コンロンカは白いひらひらとした花を咲かせる熱帯性の植物で、独特の雰囲気があって人気があるのですが、冬越しがなかなか困難で、ある程度ガーデニングの経験がある人でないと毎年は難しいと思います。

水やりと肥料

春から秋にかけては土が乾いていたら水をしっかりとやります。春から秋は生育する時期で、空気中の湿度も高いほうがコンロンカは好ましいので、乾燥するようであれば葉っぱや芽に霧吹きをかけてやります。特に夏は乾燥しやすいので、まめに水をやってください。

冬になるとコンロンカは成長しなくなり、水を吸い上げる力も鈍くなります。土が乾いてから数日経って、土の表面をぬらす程度の水遣りにしておきます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけの良い土で植えつけます。市販の土に赤玉土を混ぜて水はけをよくして利用します。寒さに弱いので鉢植えにします。植え替えは二年ごとくらいです。植え替えるときは一回り大きな鉢に植えます。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日光を好み、日当たりが悪いと花つきが悪くなります。夜の気温が15度以上になったら戸外に出し、しっかりと日に当ててやります。

暑さには強いですが、寒さに弱く、10度以下になると葉っぱが落ちてしまいます。落葉させたくなければ、冬の間は15度以上の場所で管理します。15度以上の場所は温室でもない限りは実際には難しいく、人が生活するような場所(リビング)などでも夜中には当然かなり気温が下がります。

コンロンカが枯死するのは5度前後で、リビングなどではコレ以下にはなりにくいので、そこで管理します。ただし落葉しますから注意してください。

寒さで葉っぱが落ちても枯死しているとは限らず、春になり気温が上がると芽吹くかもしれませんので、しっかりと管理してください。

霜に当たったら一発で枯れます。

特徴・由来・伝承


コンロンカは白や赤やピンクのガクをヒラヒラとさせることから「ハンカチの花」とも呼ばれる低木の熱帯植物です。俗に言う花はとても小さくて目立たないものです。ハンカチの花のほうが有名かもしれません。
●以前、このページに掲載していた植物の写真は「コンロンカ」とは違う植物でした。すいません。

スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

アカネ科の仲間


アカネ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用