マルバストラムの育て方

MENU
TOP>アオイ科>マルバストラム

マルバストラム(エノキアオイ・枝垂れ芙蓉)

マルバストラム
科名アオイ科
属名マルバストルム属
学名Malvastrum lateritium
別名エノキアオイ・枝垂れ芙蓉
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


かわいい花が毎年咲く
花の時期は若干短いものの、寒さに強く頑健、地面に付いた茎から根を出し横へと広がっていくので、ドンドンと増えます。薄いオレンジの花が咲き、一日でしぼみます。冬は地上部が枯れる地域と枯れない地域があるみたいです。地上部が無くなってもまた春になると芽を出します。
玄人好み
管理は楽、花も咲きますし、増えます。ただし株が小さいと花が少ない傾向があり、咲いてもまばら。植え付けの時期はすでにペチュニアロベリアといった夏の暑さに強くて長く楽しめる園芸品種が出回っていますので、マルバストラムに手が伸びるのは、ガーデニングに慣れている人。玄人好みです。
まとめ
宿根草で冬は地上部が無くなるか、ちょっと残るか
●毎年咲いて、手間が掛からない
●広がりすぎる恐れアリ

水やりと肥料

見た目に反して比較的乾燥に強い
乾燥に強く、加湿はよくありません。土が乾いているようであれば、水をやるという頻度です。
鉢植えにした場合は、春と秋は毎日、夏は朝と夕方の二回、しっかりと水をやります。庭植えにした場合は、日照っているようであれば水をやる程度で十分です。
二年目以降は肥料を追加
植え付けた年は培養土肥料が最初から入っているので不必要ですが二年目以降は肥料を必ず追加してください。春から夏に掛けて二週間に一回程度、液体肥料をあげるか、春に緩効性肥料をやります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


グランドカバーにも
マルバストラムは背丈が20センチか30センチほどですが、横へ横へと伸びていきます。暑さ寒さに強く、繁殖力もありますので、他の植物を植えている庭に植えると、駆逐するかもしれませんので、鉢植えがオススメ。
用土
土は水はけの良いものが好ましいですが、市販されている花と野菜の培養土で十分です。もしくは赤玉土7に腐葉土3を混ぜたもので植え付けします。

管理場所・日当たり

日当たりが好ましいですが、半日陰でも花が咲きます。関東南部なら戸外で放置。

特徴・由来・伝承

マルバストラムは育てやすく、管理が楽、冬も越し、夏の暑さにも枯れない。花の容姿も愛らしいもので、注目のガーデニング材です。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

アオイ科の仲間


アオイ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用