クリーピングタイムの育て方

MENU
TOP>シソ科>クリーピングタイム

クリーピングタイム(ヨウシュイブキジャコウソウ)

クリーピングタイム
科名シソ科
属名イブキジャコウソウ属
別名ヨウシュイブキジャコウソウ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


横へと広がる力がすごいです。夏は暑さで弱ります。また冬は寒さで地上部が枯死しますが耐寒温度はマイナス10度とかなり強く根までは死んでません。春にはまた新芽を吹きます。こぼれダネで増えるという噂もありますが、そんなこととは無関係に広がっていきます。

過湿を嫌います
真夏の過湿に弱いので、梅雨前にバッサリと刈りこむと夏越しが楽になります。梅雨前に刈り込まないでいると葉っぱが枯れこんできます。
スポンサードリンク

水やりと肥料

乾燥気味を好み、植え付け直後はしっかりと水をやりますが、その後は土が乾いてから水をやります。多湿に弱いので、水をやりすぎると根が腐ってしまいますので、水のやりすぎにはとにかく注意しましょう。

肥料が多いと香りが弱くなります。一切やらないで構いません。

植え付け・植えかえ・種蒔き

酸性土壌が苦手で、植える時は土に石灰を混ぜて中和させます。用土は市販されているハーブの土か、花と野菜の土(培養土)に川砂を混ぜて水はけをよくします。

管理場所・日当たり

春と秋は日光を好み、日当たりがよいのですが、真夏は半日陰か日陰がいいです。特に真夏に高温多湿にあうと枯れてしまいますので、庭植えするのであれば半日陰の真夏でもある程度風通しがあって涼しいところが適しています。一旦場所がクリーピングタイムに合えば、ほぼ放置で構いません。手間と言えば、梅雨前と冬に刈り込むくらいです。

冬には地上部が枯れますが、マイナス10度まで耐え、根は生きていて春には新芽が出ます。

特徴・由来・伝承

タイムの一種。クリーピングタイムは横へと広がるのでグランドカバーに利用されます。

クリーピングタイムに限らずハーブと呼ばれる植物はアレルギーの原因になることがあります。植える前にアレルギーになるかどうか調べておいた方がいいです。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用