夜香木の育て方

MENU
TOP>ナス科>夜香木
スポンサードリンク

夜香木(ナイトジャスミン・ヤコウボク)

nophoto
科名ナス科
属名ケストルム属
学名Cestrum nocturnum
別名ナイトジャスミン・ヤコウボク
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

昼は閉じていますが、夜になると花が開き強烈な香りがします。イエライシャンとも呼ばれますが、イエライシャンは本来ガガイモ科の植物でツル性。夜香木は木で二メートルか三メートルまで成長します。

英名がナイトジャスミン。こちらの名前の流通も増えています。

よく茂り、よく咲く
剪定をすると脇芽が増えてよく茂り、花がたくさん咲きます。関東以西の太平洋側の暖かい場所では戸外で越冬も可能――なのですが……霜に当たったから絶対枯れるというわけでもなく、冬に葉っぱが落ちても春になれば新芽が吹くのです。ところがちょっと強めの寒波が来ると枯れます。それまで元気に茂り、手間もかからず花を咲かせていたので、安心していたら枯れる、そういうことが多いです。
スポンサードリンク

水やりと肥料

開花中の水切れに注意
香りを放つためか、花が咲いているときは水が切れやすいです。水が切れると葉っぱがグッタリしますので、水切れにならないように気をつけてください。

高温多湿を好む
元々が西インド諸島の植物で高温多湿を好みます。夏の暑さには負けませんし、直射にも負けませんが、乾燥しすぎには弱いので、夏は土への水やりだけでなく、葉っぱに霧吹きを掛けてやって保水します。

春から夏にかけて肥料
非常に成長が早く、肥料を必要とします。春から夏にかけては一ヶ月に一回、緩効性肥料を根本にやるか、一週間に一回液肥をやります。冬も気温が高い(13度以上)環境で新芽が出てきているならば、薄い液肥を上げます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢植えにしている場合、鉢底から根が出てきたら植え替えをします。根の張りが早いので毎年植え替えをすることになります。植え替えは暖かい時期に行います。用土は市販されている培養土で植え付けをしてください。

挿し木で増やせます。

管理場所・日当たり

日当たりを好みますが半日陰でも
半日陰でも花が付きます。

夜香木の香りは強すぎる
香りはよい香りで、最初は感激しますが、さすがに毎日だとツライ。そのうえ開花量が増えるに従い、香りが強くなります。人によっては気分が悪くなるかもしれません。花が開いている時期は室外で管理しておくのがオススメです。

関東以西では戸外で越冬可能?
耐寒性が強いというわけではないので、霜に当たると傷んでしまいます。完全に枯れていなければ春になれば新芽が出ますが、出来るだけ霜や雪にはあてないようにします。

凍結するとNG
土が凍結するほどだと枯れます。寒冷地では冬は室内に取り込んでください。

冬は室内で管理した方が無難
霜や雪で枯れることがありますので、霜が降りる地域では室内で管理するのが無難です。挿し木が簡単に出来ますので、保険をつくっておくと安心です。
スポンサードリンク

剪定をすると花つきがよくなります

花が咲いて、一段落したと思ったら、切り戻しをします。夜香木は新芽の先に花がつきます。切り戻しをすることで脇芽を出させると花がたくさん咲きます。春から秋に掛けての気温が高い時期はよく芽吹くので、よほど強く剪定しなければ枯れませんので、バリバリ剪定しましょう。

特徴・由来・伝承

夜になると花から強い香りが出ることから、夜香花(ヤコウカ)・夜香木(ヤコウボク)と呼ばれます。イエライシャンと呼ばれることもありますが、イエライシャンは本来はガガイモ科の植物です。イエライシャンという名前はチューベローズの別名でもあります。ナス科の植物で花は白。

夜に香りを放つのは
花が咲くのは虫に花粉を運んでもらうためです。昼間に咲かずに夜に花を咲かせる植物は蛾やコウモリをその運び屋として選んでいます。蛾をおびき寄せる為に香りを放ち、夜でも目立つように白い花を咲かせることが多い(と思う)です。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ナス科の仲間


ナス科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用