よく咲くスミレの育て方

MENU
TOP>スミレ科>よく咲くスミレ
スポンサードリンク

よく咲くスミレ

よく咲くスミレ
科名スミレ科
属名スミレ属
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


パンジー園芸品種の一つ。パンジーというと花が大きい印象がありますが、中輪で大きすぎず色合いも、鮮やかでありながら、どぎつい模様も無くかわいらしいものが多いです。
生育サイクル
秋に苗を植え、冬から春に掛けて咲きます。その後夏には暑さで枯れてしまいます。
花ガラを摘みましょう
しぼんだ花のことを花ガラといいます。これをマメにつんであげると次の花が咲きやすくなり、長くたくさんの花を楽しむことができます。花がしぼむと株は種を作ろうとして栄養をまわして次のツボミが咲きづらくなったり、次の花芽が出来づらくなります。花ガラをマメに摘むようになったら(摘むのが苦じゃなくなったら)初心者卒業です。花ガラを摘まなくても花が咲かなかったり、枯れたりするわけじゃないです。

水やりと肥料

意外と水を吸う
冬は水を吸い上げない植物が多い中で、よく咲くスミレは真冬でもシッカリと水を吸い上げます。凍結するほどの寒い日は水をやりませんが、それ以外は土が乾いていたらしっかりと水をあげてください。鉢植えの場合は鉢底から水が染み出すくらいにしっかりとやってください。
必ず液肥を
プランターに植えても、庭植えにしても、よく咲くスミレは開花が多いので、混ぜ込んだ肥料はしばらくすると使い果たしてしまいます。そこで必ず液肥を追加してください。一週間に一回ほど液肥をやります。チッソ分の多い肥料をやると葉っぱばかりが茂ります。園芸用に市販されている液肥はバランスよく肥料が入っているので気にしないで大丈夫です。
水やりは朝
日中ですら凍結するような寒い日は水やりはやめますが、それ以外の日は朝に水をやります。夕方に水をやると水が残り、朝方の低温で凍って根を傷めてしまいます。土が凍っただけでは枯れはしませんが、やっぱり株にダメージが残りますので、出来るだけ避けましょう。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

培養土
花と野菜の培養土で植えつけるか、パンジービオラの専用土というのもあります。これで植え付けをします。
必ず新しい土で
古い土には雑菌と虫が繁殖していて、再利用すると病気になりやすく、肥料の成分が偏っているために生育不良を起こしやすいです。必ず新しい土で植えつけてください。
9月に植えるのはやめる
地域にもよりますが、よく咲くスミレは高温に弱く、気温が高いと植えつけても暑さで枯れてしまいます。9月は年によってはまだ30度前後ですし、10月も暑い年があります。最高気温が20度以下、もっとも適しているのは霜が降りる一週間前。そのくらい寒い時期まで待ちましょう。

管理場所・日当たり

絶対日当たりへ
日当たりで管理します。半日陰でも枯るわけでは無いですが、よく咲くスミレの利点を生かしきれません。日当たりで管理して下さい。
霜に当たっても大丈夫です
よく咲くスミレは霜に当たっても大丈夫。枯れません。花も咲きます。枯れませんが、出来たら霜に当たらない方が更によく咲きます。でも日当たりがよくて、霜に当たらない場所なんて、そんな都合の良いことなかなか無いですから、気にしないでも構いません。

よく咲くスミレが枯れた?

ほとんど、どうやっても枯れないパンジー類。でも花が咲かない無い、傷んでいる、などなどたまに枯らせる人もいます。
水切れ
水が切れると枯れます。水やりの項でも書いたのですが、水を吸い上げる力が強く、意外と水切れが起き易いです。植え替えた直後などはしっかりと水をやってください。
水のやりすぎ
水のやりすぎはよくありません。蒸れて葉っぱが腐ったり、真冬だと土が凍って根を傷めるなど、株が弱る原因を作ります。土が濡れている間は水は控えて下さい。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

よく咲くスミレはサカタのタネが開発した中輪系パンジーの園芸品種です。文字通りよく咲きます。これは決して過大広告ではないです。過大広告ではないのですが、最近開発された株が大きなパンジーの類はよく咲くスミレでなくても、非常によく咲きます。
よく咲くスミレは高温でも徒長――首が長くなってしまうこと――が起きにくく、寒い時期でもよく咲きます。
初心者はこういうのを買うべき
他のパンジー・ビオラ系のページでも口を酸っぱくして言っている様に、パンジービオラ系は高い苗を植えた方が絶対に得です。安い苗が、まさに束になって掛かってもこの手の高価な苗に勝てません。ましてプランターや鉢に何株か植えるだけなら是非お試しあれ! とにかく全然違います。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

スミレ科の仲間


スミレ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用